【話 題】ウィズコロナの市民活動を考えるシリーズ「北海道NPO報告」

関係各位(転送・転載歓迎)

いつもお世話になっています。東大手の会の青木です。標記のオンラインイベントについてご案内させていただきます。ぜひ、ご参加ください。

↓以下、ご案内になります

■東大手サロン【第51回】開催のご案内

○東大手サロンとは

東大手サロンは、東海地域のNPO/NGOを中心とした民間非営利組織のスタッフ・役員で作るネットワーク「東大手の会」が、協働・連携オフィス「地域資源長屋なかむら」を会場に実施する交流企画です。地域や社会の課題解決に取り組む方を話題提供者としてお招きし、お話を聞きながら交流します。

【日 時】2020年7月29日(水)19時00分〜21時00分 ※開演18時45分

【参加方法】Zoomを活用したウェブ会議で実施します ※申込者には、ミーティングのURLとパスワードをお送りします

【定 員】15名

【参加費】2,000円 ※Peatixを使って事前にお支払いをお願いします

【参加対象】話題に関心のある方ならどなたでも

【話 題】ウィズコロナの市民活動を考えるシリーズ「北海道NPO報告」

【話題提供】定森光さん(NPO法人北海道NPOサポートセンター・理事)

名古屋出身。札幌市在住。3年間の会社員を経てホームレス支援団体ささしまサポートセンター(名古屋)の職員になる。2016年4月に北海道に移住、NPOの中間支援団体である北海道NPOサポートセンターに勤務。団体同士を繋げるネットワークづくりなどに取り組んでいる。コロナ関係では、札幌市と「新型コロナウイルス感染症対策活動団体支援協議会」を立ち上げ、道内のNPO支援センターとともに中間支援として何か出来ないか模索している。

【主なトピック】

・北海道のNPOの現状、当事者への影響

・新型コロナ禍の社会課題に取り組むNPOの活動

・新型コロナへの対策に関する活動(新型コロナウイルス感染症対策活動団体支援協議会の取組みなど)

・新型コロナ禍の中間支援団体の取組み(北海道内中間支援組織「コロナアクション」の取組みなど)

・ウィズコロナの市民活動のあり方 など

【聞き手】青木研輔(東大手の会・代表世話人)

<申込方法> ※下記内容を、参加申込フォームからご連絡ください

所属団体/氏名/電話番号/Email/参加動機・ゲストへの質問

<問い合わせ先>

東大手の会

FAX 052-414-4684

Email higashiote@gmail.com

<参加申込> ※7/28(火)が受付〆切となります

↓Peatixのイベントページからお申し込みください。

https://peatix.com/event/1547308

※参加申込後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認ください。

※事前決済のキャンセルは受付けていませんのであらかじめご了承ください。

<当日のイベント参加方法>

・参加登録時のメールアドレス宛にZOOMのミーティングURLとパスワードをお送りいたします。

・ミーティングルームには、18時45分から入室いただけます。

・参加者の方のカメラのON、OFFはご自由に設定していただけます。音声マイクについては、質問・意見交換の時間以外はOFFにさせていただきます。

【主催】東大手の会

https://www.facebook.com/higashiote

※東海地域のNPO/NGOを中心とした民間非営利組織のスタッフ・役員で作るネットワークとして、NPO向けに研修・交流機会を提供。近年は、NPOに関する調査研究にも取り組んでいます。

↓チラシはこちらからダウンロードしていただけます。

https://blog.canpan.info/higashiote/archive/339

--------------------------------------------------------------------

青木 研輔

携帯:090-6618-0369

E-Mail:aoki0104@hotmail.com

-------------------------------------------------------------------

 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭