講演:河田昌東さん(遺伝子組換え食品を考える中部の会代表)
シンポジウム 
え〜っ!! 作りますか?売りますか?買いますか?
表示なし?ゲノム編集食品
生産者、スーパー、消費者の本音を聞く
多くの学者、生産者、消費者の反対にも関わらず、安全性審査も表示もなし
と決められてしまったゲノム編集食品。ゲノム編集食品は、オフターゲット、
抗生物質耐性遺伝子の残留等多くの問題をはらんでいます。すぐにも流通する
と言われていましたが…今どうなっているのでしょうか?講演ではゲノム編集
食品の最新の情報を、シンポジウムではそれぞれの立場から、ゲノム編集食品
に対する本音を語って頂きます。

日時:2020年3月21日(土)13:30〜16:00
場所:イーブルなごや 3階 ホール                
   地下鉄名城線「東別院」下車1番出口から東へ徒歩3分
              バリアフリー EV 4番出口から東へ徒歩5分
  資料代:700円(予約不要)
  託児 :1人700円1才〜未就学児  要予約:締切り3月10日

●講演:河田昌東さん(遺伝子組換え食品を考える中部の会代表)
●シンポジウム
パネラー: 鈴木晋示さん(音羽米を育てる研究会)
         渡会一仁さん(フードオアシスあつみ)
          水原博子さん(日本消費者連盟)
コーディネーター:河田昌東さん
タイムテーブル
13:00 開場
13:30 開会
13:35〜14:20 講演
 休憩
14:30〜15:30 シンポジウム
15:30〜16:00 質疑応答
16:00 抜取り隊への呼掛け・閉会

パネラーのプロフィール
●鈴木晋示:豊川市・こだわり農場鈴木の代表取締役減農薬米
「音羽米」の生産グループ『音羽米を育てる研究会』副会長。
愛知県稲作経営者会議会長。
●渡会一仁:渥美半島田原市を拠点とする食品スー
パー『渥美フーズ』社長。「食を通して、人と地球を美しく、
健康にしたい」をモットーに、安心・安全・良質な「食」を提案
●水原博子:岩倉市・元 日本消費者連盟事務局長。
日本消費者連盟顧問。岩倉9条の会代表世話人。

主催  遺伝子組換え食品を考える中部の会
 事務局 :食と環境の未来ネット
 住所  :愛知県名古屋市東区葵1丁目14-3
 http://gm-chubu.sakura.ne.jp/

--

 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭