小牧のマメナシの自生地の調査会を行います。
皆様
今枝です

今枝のhi-hoのアドレスが調子悪いのでそちらからの
MLに投稿できないので、リリオMLや矢作川MLに転載して
いただけると助かります

小牧のマメナシの自生地の調査会を行います。

実の付き具合と枝張りの調査です。
特別に観察会は行いませんが、立ち入り許可を取ったので普段立ち入れない自生地に
入ることができます。果実(食べれません)をじっくりみることができます。うまく
すると狂い咲きの花を見ることができることがあります。

春の花の観察会とは違った趣なのでよろしければご参加ください。
調査を手伝っていただいてもいいですし、見学するだけでもいいです。

名工大の増田理子教授も参加されます。

日時 2019年11月10日(日) 13:00より 16:00まで
場所 小牧市大草 大良上池湖畔
https://mapfan.com/map/spots/search?c=35.302544619677704,137.0092151774006,1
6&s=std,pc,ja

主催 こまきエコネット/リリオの会

雨の後はぬかる事があるので長靴があった方がいいですが普通の靴でもなんとかなり
ます。

今年度中にマメナシやメダカの遺伝子別保護のシンポジウムやりたいなと
もくろんでおります。マメナシの移植や最近やたら増えてきた改良メダカの
ことを取り上げたいと思ってます。決定できたらおしらせします。(弱気な発言)



マメナシ (地方名イヌナシ)

学名 Pyrus calleryana (英名はない)科名・属名 バラ科 ナシ属

日当たりの良い湿地周辺などに自生する落葉高木で
梨の原種とも言われている。レッドデータブックで絶滅危惧?A類(愛知県)に指定されてい
る。

国内では愛知、三重、岐阜(ほんの一部)に自生している。果実は直径1cmほどのほぼ球形をしている。

自生しているものは国内に350本ほどしかなく、そのうち20本が小牧市内の自生地に県の天然記念物と
して登録されている。。

また天然下種更新(てんねんかしゅこうしん:種が落ちて一人生えして大きな木まで
生長すること)
をしている自生地は全国に数箇所しかなく小牧の自生地はとても大事な場所である。

自生地内にはクロミノニシゴリも自生しており生物多様性の宝庫である周伊勢湾要素
植物の植生を
見ることが出来ます。またウワミズザクラも何本か自生しており4月後半には白い花
を咲かせます。

2011年8月に『大草のマメナシ自生地』として愛知県の天然記念物に指定されまし
た。


春の観察会は2019年4月5日(日)を予定してます。
花の咲き具合によって、その前後でもう1回やる予定です
近くなったらお知らせします。
:-- :-- :-- :-- :-- :-- :--

今枝 久@リリオの会/こどもフォーラム
携帯 090-1476-6181

:-- :-- :-- :-- :-- :-- :--

 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭