第10回 琵琶湖地域の水田生物研究会 ご案内と発表者の募集

皆様(クロスポスト失礼します)
琵琶湖博物館では毎年12月に「琵琶湖地域の水田生物研究会」を開催しております。以下サイトで、今年度開催分をご紹介しております。
https://www.biwahaku.jp/event/2019/12/post_372.html
以下は詳細情報です。
第10回 琵琶湖地域の水田生物研究会 ご案内と発表者の募集
「第10回 琵琶湖地域の水田生物研究会」を、下記の通り開催します。
日時:2019年12月15日(日) 10:00〜17:00
場所:琵琶湖博物館ホール
主催:琵琶湖博物館
共催:近江地域学会生きもの豊かな農村づくり研究会・日本生態学会近畿地区会
プログラム(予定)
10:00 開会あいさつ、諸注意
10:08〜11:20 一般講演?(6題)
11:20〜12:00 ポスターセッション
12:00〜13:00 休憩
13:00〜14:48 一般講演?(9題)
14:48〜15:00 休憩
15:00〜16:50 ミニシンポジウム「(仮)田んぼにはなぜ多様な生物がすむのか」
話題提供:嶺田拓也、中西康介・田和康太、大塚泰介
16:50 閉会挨拶
17:00  終了
発表者募集
一般講演およびポスターセッションの発表者を公募します。琵琶湖地域の水田とその周辺(水路、ため池など)の生物を知るために有効な知見をお持ちの方であれば、どなたでもご発表いただけます。研究フィールドは滋賀県に限らず、県外でも、海外でも、実験室実験でも構いません。生き物と共存する米づくりの実践報告も歓迎いたします。
発表をご希望の方は、
1.発表者(共同発表者全員のフルネーム)
2.発表タイトル
3.講演・ポスターの別
を、
<ohtsuka-taisuke@biwahaku.jp>までメールでご連絡ください。11月3日(日)必着とします。
講演の持ち時間は、1題あたり12分(発表10分、質疑2分)です(時間厳守)。
講演は15枠の予定です。講演のご希望が多数の場合には、ポスター発表への変更をお願いすることがありますので、ご了承ください。ポスターのサイズはB0ノビ(横1118 mm×縦1580 mm)以内とします。ポスターを直接持って来ることができない場合には、当方で印刷・掲示することもできます。研究会終了後、年内の開館期間いっぱい掲示しておく予定です。
要旨〆切:12月1日(日)
ポスターデータ〆切(当方での印刷を希望される場合):12月4日(水)
以上、皆様のご参加、ご発表をお持ちしております。
大塚泰介

-- 。

 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭