昨年11月に刊行した「図説・17都県放射能汚染マップ+読み解き集」が本年度の日本ジャーナリスト会議賞を受賞し、内幸町のプレスセンターホールでの授賞式に行ってきました。


大沼です

昨年11月に刊行した「図説・17都県放射能汚染マップ+読み解き集」が本年度の日本ジャーナリスト会議賞を受賞し、内幸町のプレスセンターホールでの授賞式に行ってきました。
読み解き集を出版した「みんなのデータサイト出版」として表彰されたのです。
記念講演が前川喜平さんだったことがきいたのか、350人収容のホールは立ち見がたくさん並ぶ盛況でした。
これほどの盛況は久しぶりだったとのことでした。
同時に受賞したのは、文末の4件です。いずれもメジャーなマスコミなので、びっくりしました。
イージスアショアをめぐるインチキをスクープした秋田魁新報社でも社員数は250人超、そもそも1873年創刊ですから、146年間も続いている東北最古の新聞なのだそうです。
スクープの記事だけが有名になりましたが、そもそも防衛省が地元説明会を開始した時の違和感からすぐさまルーマニアとポーランドに飛んで現地取材をしていました。イージスアショアの既設国とこれから建設予定の国です。いずれも無人の荒野に基地があり、その中に設置されているのだそうです。
一方、秋田の予定地はすぐ近くに民家があるのです。
山形放送の番組については、授賞理由を以下にペーストします。
★
 児童文学者・国分一太郎は1930年、山形県の小学校で教職に就き「想画」と呼ばれる生活画教育と、「生活綴り方」教育に打ち込んだ。凶作に見舞われた中で、たくましく生きる村人たちの暮らしを、子供たちは生き生きと画に描き、作文に綴った。
しかし、国分の教育にも戦争の影が忍び寄り、治安維持法で罪に落とされる。安倍一強政治のもとで「共謀罪」は治安維持法との類似性が指摘される。制作者は、自由に表現できる未来に向けて「釘一本を打ち込みたい」と考え、番組を世に送り出した、
★
仙台生まれの小生の家の向かいに住んでおられた村田さんという方が、国分一太郎の研究会に入っていた人だと尊敬をこめて父親が話していたのを覚えています。山びこ学校の無着成恭さんも、国分一太郎のつづり方運動の中から育った人のようです。

受賞者スピーチはいずれも素晴らしく、我々がこれらのジャーナリストたちと並んで受賞して良いものだろうかと思いました。そもそも、自薦他薦の140余編の報道に対して、14編が選ばれて審査されて、最終の5編が選ばれたのだそうです審査員のおひとりが、最終選考で惜しくも落選された5つの報道の解説をしてくれたのですが、これまた素晴らしいものでした。
みんなのデータサイトのスピーチは、事務局長の小山貴弓さんがしてくれました。
以下のユーチューブで見ることが出来ます。
表彰式・スピーチ編 https://youtu.be/qVlIxwHH71s

思えば、チェルノブイリに出かけた時にゴメリ(ベラルーシ第2の都市)の市民運動の方からいただいてきた
ベラルーシとロシア両国のチェルノブイリ省共同制作の汚染地図帳(アトラス)のPDFファイルをお手本にしつつ、なんとか日本でもこういうものを作りたいと思っていて、それが17都県土壌ベクレルプロジェクトの出発となり、その結果が今回の「読み解き集」となったのでした。(とても本家とは比べ物になりませんが…)
おっかなびっくりの初版3000部は、1か月で売り切れました。結局、これまでに16000冊を刷り、15000冊ほどが売れています。Amazonや地方小規模出版流通センターでの取り扱いが始まって、大きく広がりました。
放射能汚染を無かったことにしようとする政府の圧力、被曝による健康リスクを話すことさえ風評被害をあおるとして口封じされている最悪の状況の中でそれでもやっぱり真実を知りたいと思っていた多くの人に広がっているのだと思います。
まだ読んでいない方は、是非読んでみてください。
公立図書館にリクエストカードを出して、買ってもらうのも良い手です。
名古屋市図書館にも1冊入りました。
現在は、各地で読み解き集の読みとき会が開催されています。
例えば、小生が関わっている分だと、
9月21日は、神戸で詩人のアーサー・ビナードさんとのジョイントで読み解き会が開催されます。
10月19日は、名古屋のカトリック教会で、正義と平和委員会主催の勉強会があります。
11月下旬には、栃木県各地での読み解き会を計画中です。

★
【JCJ大賞】 
 「税を追う」キャンペーン   東京新聞社会部 
【JCJ賞】 
 「イージス・アショア配備問題を巡る一連の報道」  秋田魁新報社 イージス・
アショア配備問題取材班
 「想画と綴り方〜戦争が奪った子どもたちの“心”」  山形放送 
 「ETV特集『誰が命を救うのか 医師たちの原発事故』」  NHK
★

*******************************
大沼淳一
〒465-0091 名古屋市名東区よもぎ台1-1704
TEL & FAX 052-779-4291
Mail Adress:nw4j-oonm@asahi-net.or.jp
緑亭通信(ブログ):http://bunamoutainski.asablo.jp/blog/

*******************************

 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭