【大人の学び場「瀬戸の寺子屋」】を定期開催することになりました

■ますきち 南より
東京からUターンして、瀬戸で起業準備中の加藤健志郎さんが企画してくれました!
健志郎さんはとても情熱的で知識の深い方です。
「瀬戸の寺子屋」が、肩書きも年齢も関係なく、交流できる場になってくれたら嬉しいです。
ぜひこのイベントに訪れてお話ししてみてください!

=======================
【内容】
あなたが描きたい未来ってどんなものですか?
いま、私たちが生きている時代は変化が激しく
未来も不確実で不透明です。

欲しい世界がいまなくて、生き苦しいならば
自分たちで創ってしまおう。

「人は答えを求めると奴隷になり、問いを持ち続けると自由になる」という言葉から…

未来を描くために、答えを求めるのではなく、既に取組んでいる方にヒントをもらいながら、明日への一歩をつかんでいこうと。
自分と世界を理解して行動していくコミュニティーとして、【大人の学び場「瀬戸の寺子屋」】を定期開催することになりました。

毎回、ゲストをお呼びして開催していこうと思います。
第1回目のゲストは、江戸時代から続く瀬戸本業窯八代目の水野雄介さん。
約250年以上瀬戸での器づくりを行ってきた瀬戸本業窯のものづくりを継承しています。瀬戸の文化を継承し、瀬戸の風土や風習に根ざした作品を通して、日本や世界へ日常の豊かさを伝えていくその生き方に学びます。

私自身も水野さんとお会いして、人生が変わった一人です。瀬戸の未来をとっても考えていて情熱を持って行動されている素敵な方です。

ファシリテーターは、
来年瀬戸にUターン予定の私(加藤 健志郎)がつとめます。
大手企業のキャリアから、ベンチャー企業の経験を経て、現在瀬戸市での起業準備をしています。懇親会の食事も含めて、それぞれの想いを共有できる時間を過ごしましょう!

当日は、ゲストのトークを聞きながらそれぞれの問いをもった上で、最後にワークショップを通して、自分の想いに向き合い、言葉にしましょう。
その場に集まる参加者がお互いを受け入れる。ゆるくもあたたかく、集まる仲間と学びのある1日にしましょう!!
近隣の市町村の方々にもぜひ参加してもらいたいです。

■タイムライン
19:00〜 ゲスト・ファシリテーター紹介
19:30〜 トークセッション
20:00〜 ワークショップ
20:30〜 カレー懇親会
21:30   解散予定

■もちもの
・ペンとノート
・自分の気持ち

■参加者
定員20名

■参加費
一般  2,000円
学生  1,000円
(ワークショップ&トークセッション)

ますきちに直接お支払い 500円
(カレー・懇親会)

《ゲスト:水野 雄介さんについて》
水野 雄介 (Yuusuke Mizuno)
瀬戸本業窯 七代水野半次郎の長男として生まれる。
代々「水野半次郎」の名を受け継ぎ、昔ながらの分業制を守りながら実用的なうつわを作り続けている。
六代半次郎(祖父)が当主のころ、バーナードリーチ・濱田庄司・河井寛次郎・芹沢銈介が当窯に視察に訪れ柳宗悦の提唱した『民藝』に出会う。
現在も民藝思想に基づき父、七代目半次郎のもとで毎日作陶に励んでおり、坦々とした姿勢で仕事をしていくことが、後世につながる一歩だと考えている。
八代後継として仕事に励む傍ら、若い使い手に歴史ある瀬戸のうつわの魅力を伝えるべく、全国で展示会を開催。講演会なども積極的に行っている。

《ファシリテーター:加藤 健志郎について》
加藤 健志郎 (Kenshiro Kato)
愛知県瀬戸市出身。
大学在学中、瀬戸市の不登校の子のメンタルフレンドや知的障がいをもった子供たちのソーシャルスキルトレーニングのファシリテーターを行う。
また、海外NGOでのボランティアを経験し、人の人生の豊かさに貢献しつづけたいと思い、アジアで数々の空港建築を手がける竹中工務店に入社。
経営企画系の採用として本社大阪に赴任し、その後静岡で支店重要プロジェクトを担当。
5年間勤めたのち、地方創生事業を全国で行うベンチャー企業に参画。現在は、最愛ブランド戦略構築のコンサルティングを行う会社のインターンシップをしている。
来年度から瀬戸市へUターン予定。

=======================
《大人の学び場「瀬戸の寺子屋」について》
欲しい未来を創りたいと思って行動している、または行動したいと思っている人々の緩やかなコミュニティーです。
「学び」は、自分の今までの知識や先入観を学びほぐすような学び。問いを大切にして自分が変わりながら外の世界を理解していくような時間です。
想いをもっている人たちが集まり、肩書にこだわらずに対話をベースにつながる。お互いがお互いを受け入れ、未来を共創していける仲間づくりを。
〜〜〜ここまで あとはWEBでみてください〜〜〜

これからもよろしくお願いします

********************************
1959年伊勢湾台風の年に 木曽三川の河口域で産湯をつかい
木曽川の水をいただき 弥富市の田んぼの蛙 佐藤 仁志 です
https://www.facebook.com/hitoshi.sato.543
地域の防災力
http://tiikibousai.blogspot.jp/
環伊勢湾・山川里海・原体験 想いと智慧の交感ひろば
http://yamakawasatomi.blogspot.com/
見つけよう!伝えよう!広がろう!
☆ 人づくり ☆ なかまづくり ☆ まちづくり 
******************************** 



\\
 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭