EUの有機食品市場の動向と有機農業振興のための戦略

皆様

名古屋大学に赴任しました、香坂玲です。

7/26に東京 霞ヶ関で 有機農業のセミナーを開催いたします。 以下、よろしくお願いします。

【セミナーの開催】7/26(金)

農林水産政策研究所より転載

EUの有機食品市場の動向と有機農業振興のための戦略

http://www.maff.go.jp/primaff/koho/seminar/2019/20190726.html

セミナー「EUの有機食品市場の動向と有機農業振興のための戦略」

報告内容

  農林水産政策研究所では、平成30年度から3年間の予定で、諸外国の有機農業推進等に係る制度や施策の実情、東京オリンピック・パラリンピックを踏まえた有機食品市場の動向と将来予測を明らかにするべく、二つの共同研究グループによる委託研究を行っております。本セミナーでは、初年度の成果としてとりまとめられたEUの有機食品市場の動向及び有機農業振興のための戦略について報告します。

  立教大学の大山准教授を総括者とする共同研究グループからは、「欧州諸国の有機食品市場動向とデータ収集における課題」と題して、名古屋大学の香坂教授を研究総括者とする共同研究グループからは「EUの有機農業振興のための戦略〜我が国への示唆〜」と題してそれぞれ御報告いただきます。

  また、成果報告の前段として、農林水産省生産局農業環境対策課から有機農業をめぐる我が国の現状について報告します。また、昨年11月に開催された第4回日仏農政ワーキンググループにおいて、有機農業についてそれぞれ報告し、今後も協力に向けて意見交換することで合意されたことから、フランス大使館の農務副参事官にも御登壇いただき、フランスの状況について発表していただきます。

日時

令和元年7月26日(金曜日)13時30分〜16時50分(13時00分受付開始)

場所

農林水産政策研究所 セミナー室

東京都千代田区霞が関3-1-1 中央合同庁舎第4号館9階

プログラム

情勢報告

(1)有機農業をめぐる我が国の現状について

  農林水産省生産局農業環境対策課

(2)”State of Organic Agriculture in France”

  在日フランス大使館 農務副参事官

農林水産政策科学委託研究の研究成果報告

(1)「欧州諸国の有機食品市場とデータ収集における課題」

Ooyama  「欧州諸国における有機食品市場の動向とEU有機規則」

大山 利男 氏(立教大学 准教授)

Ri  「欧州向け有機食品輸出とサプライチェーン」

李 哉泫 氏(鹿児島大学 准教授)

Taniguchi  「欧州諸国における有機農産物・食品市場のデータ収集と日本における推計の課題」

谷口 葉子 氏(宮城大学 准教授)

(2)「EUの有機農業振興のための戦略〜我が国への示唆」

kosaka.jpg  「有機農業の組織化支援と戦略の特性」

香坂 玲 氏(名古屋大学 教授)

Ishi.png  「有機農業支援の多面性・多層性と認証の意義」

石井 圭一 氏(東北大学 准教授)

tanihara.jpg  「イオンのオーガニックの取組み」

谷原 弘次 氏(イオントップバリュ株式会社農産商品部 部長)

お申し込み

参加を希望される方は、7月24日(水曜日)までにお申し込みフォーム又はFAXにて、お名前(ふりがな)、所属、連絡先(電話番号又はメールアドレス)を御連絡ください。

注)定員(70名)に達した場合には締め切らせていただくことがございます。

お申し込みを受け付けた場合、特に御連絡はいたしません。お断りする時のみ御連絡いたしますので、あらかじめ御承知おきください。

チラシ・FAX参加申込書(PDF:542KB)

その他

中央合同庁舎第4号館を訪問される際は、正面玄関にて受付手続が必要なため、身分証明書(運転免許証、社員証、健康保険証など)をお持ちください。

日仏逐次通訳付き

喫煙をされる方は屋外南門付近の喫煙所を御利用ください。

参加に当たっての注意事項

参加に当たっては次の留意事項を厳守してください。お守りいただけない場合は参加をお断りすることがあります。

会場以外の場所に立ち入らないこと。

携帯電話等の電源は必ず切ること。

静粛を旨とし、担当職員の指示に従うこと。

お問合せ先

企画広報室広報資料課

ダイヤルイン:03-6737-9012

FAX番号:03-6737-9600

 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭