海の森づくりin四日市港〜アマモプロジェクト
みなさんは、アマモという海草をご存知ですか?
アマモは、小さな魚やカニ、イカなどの棲み家や隠れ場所、あるいはエサ場になったり・産卵スポットになったり・水質を良くしたり・二酸化炭素
を吸収して酸素を出すなど、
海の生きものの生活を支えるたくさんの役割を持っています。
当館で1月に行ったアマモの学習会では、
その生態や四日市港管理組合で行われている再生の取り組みを学びました。
(https://www.facebook.com/ecoyokkaichi/posts/2422978641063407?__tn__=-R)

今年は四日市港120周年記念ということで、
「海の森づくりin四日市港〜アマモプロジェクト」を実施します。
四日市港管理組合とそして、みなさんと一緒に四日市にこのアマモを増やして、生きものが棲みやすい豊かな海にする「海の森づくり」を行いま
す。

第1回は、鳥羽へバスで移動し、鳥羽の海に自生するアマモのタネの採取と、アマモ場にどんな生き物が棲んでいるのか、探して観察もしてみま
す。
第2回は、タネまきと苗作りに挑戦してもらいます。
ぜひ一緒に「海の森作り」を体験してみましょう!

第1回「タネとりと海の森の生き物観察」
【日時】6月16日(日) 8時30分〜17時00分
【海の博物館入館料】大人720円 大学生以下320円
【行先】鳥羽市立海の博物館(市民広場で集合しバスで移動します)
【講師】鳥羽市立海の博物館館長 平賀 大蔵 氏、三重県保健環境研究所   国分 秀樹 氏

第2回「タネまきと苗作り」
【日時】11月10日(日) 9時30分〜12時00分
【参加費】無料
【場所】四日市港

【対象】小学4年生以上(中学生以下は保護者同伴) 
※応募者多数の場合は2回とも参加の方を優先し抽選。当選者のみ郵送で連絡を致します
【定員】40名
【申込締切】6月2日(日)
【申し込み方法】「アマモ」係と明記の上
?お名前  ?年齢(学生は学校名と学年)  ?住所  ?電話番号 ?参加希望日 を記載し、
メール / FAX / 郵送 / 当館1F図書カウンターのいずれかでお申し込みください。
※個人情報は、当事業以外には使用いたしません。
【申し込み先】四日市公害と環境未来館
〒510−0075  三重県四日市市安島1丁目3番16号
(TEL)059−354−8430 (FAX)059−354−8431
(E-mail)info@eco-yokkaichi.com
(チラシ直通)http://www.city.yokkaichi.mie.jp/yokkaichikougai-kankyoumiraikan/pdf/20190616amamo.pdf

〜〜〜ここまで あとはWEBでみてください〜〜〜

これからもよろしくお願いします

********************************
1959年伊勢湾台風の年に 木曽三川の河口域で産湯をつかい
木曽川の水をいただき 弥富市の田んぼの蛙 佐藤 仁志 です
https://www.facebook.com/hitoshi.sato.543
地域の防災力
http://tiikibousai.blogspot.jp/
環伊勢湾・山川里海・原体験 想いと智慧の交感ひろば
http://yamakawasatomi.blogspot.com/
見つけよう!伝えよう!広がろう!
 ☆ 人づくり ☆ なかまづくり ☆ まちづくり 
********************************
 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭