【地域で育む子どもの未来in大垣】
【地域で育む子どもの未来in大垣】
〔日時〕6月2日(日)10〜16時
〔場所〕大垣市総合福祉会館
〔参加費〕無料
〔主催〕地域で育む子どもの未来in大垣実行委員会(あしたの支援室ほか)
〔共催〕(一社)ぎふ学習支援ネットワーク、(一社)よりそいネットワークぎふ
〔後援〕(申請中)岐阜県、大垣市、(社福)岐阜県社会福祉協議会、(社福)大垣市社会福祉協議会、(特非)ぎふNPOセンター、(特非)ぎふ
ハチドリ基金
〔申し込み〕★申し込みは以下よりお願いします★
https://docs.google.com/forms/d/1sy8w_I_Lcu7D4ZL67MEKBYdmPkoGR_tatpOxI3p2nZE/edit

〔内容〕
10:00-12:30 全体会
●大垣市長あいさつ(予定)
●基調報告ー野崎伸一(厚生労働省社会援護局)
「未来を担う子どもを支える地域共生社会へ」(仮)
●シンポジウム「地域で育む子どもの未来」
ー岐阜県子ども家庭課担当者(打診中)
ー大垣市社会福祉課担当者
ー伊藤桂子(あしたの支援室)
13:30-15:30 分科会
?学習支援ーはじめる、続ける、つなぐ
?子ども食堂のこれから
?子どもを支える人びと
?立場の違いを超えた協同に向けて
?家庭を地域にひらく
?フリートーク(喫茶コーナーにて自由交流)
15:30−16:00 振り返り会
〔趣旨〕
貧困や虐待、不登校・非行・いじめなどなど、子どもをとりまく「生きづらさ」は、さまざまな形で広がってしまっている現状があります。
そんな実情に対し、地域での活動や学校・福祉現場での奮闘、新たな制度枠組みなど、多様なかたちで支援の動きも進みつつありますが、まだまだ
現実の展開には追いついていないもどかしさもあります。

他方で、「炭鉱のカナリア」とも言われたりすることもありますが、子どもたちの生きづらさは、社会全体の生きづらさの象徴でもあります。
そしてまた、子どもたちの未来は、社会全体の未来でもあります。そこには各人多様な思い入れがあるかと思いますが、少なくとも、子ども一人ひ
とりが、ささやかながらも希望を持って生きられる社会にしていかなければなりません。

その課題に対し、私たちがなし得ることは何か。教育・福祉・行政・市民それぞれの立場がありますが、それらすべてが重なり合ってこそ、「子ど
もの育ちを支える地域」となります。

そんな地域づくりにむけて、今私たちができることを一緒に考えてみる。そんな場をつくっていきたいと思います。

〜〜〜ここまで あとはWEBでみてください〜〜〜

これからもよろしくお願いします

********************************
1959年伊勢湾台風の年に 木曽三川の河口域で産湯をつかい
木曽川の水をいただき 弥富市の田んぼの蛙 佐藤 仁志 です
https://www.facebook.com/hitoshi.sato.543
地域の防災力
http://tiikibousai.blogspot.jp/
環伊勢湾・山川里海・原体験 想いと智慧の交感ひろば
http://yamakawasatomi.blogspot.com/
見つけよう!伝えよう!広がろう!
 ☆ 人づくり ☆ なかまづくり ☆ まちづくり 
********************************
 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭