実習名称:森林と土砂と渓流の実習 −山から川に流れ出る土砂を測ろう−
みなさまへ
(複数のMLに発信しています。重複ご容赦ください)

 東京大学演習林の蔵治です。

お世話になっております。

さて、東京大学演習林は、他大学の学生も参加できる「公開森林実習」を行っていま
す。
愛知県瀬戸市にある東大演習林の生態水文学研究所では、以下の実習が企画されてい
ますので
この機会に参加をご検討いただければ幸いです。
(大学の教員の方は、周りの学生に周知していただけると幸いです)

詳しくは
http://www.uf.a.u-tokyo.ac.jp/ksj/ksj-eri.html
をご覧ください。

実習名称:森林と土砂と渓流の実習 −山から川に流れ出る土砂を測ろう−

科目名称:東京大学公開森林実習

※受講学生は農学実験研習生として受け入れ、受講証明書を発行いたします
(1単位相当)。
所属大学における単位認定の有無については,各大学の教務担当事務に問い合わせて
下さい。

担当教員:熊谷朝臣・堀田紀文(森林科学専攻)・石橋整司・田中延亮・佐藤貴紀
(演習林生態水文学研究所)

実施時期:2019年6月12日(水)〜6月14日(金)2泊3日

集合時刻:2019年6月12日(水)12:45

集合場所:名鉄瀬戸線 尾張瀬戸駅改札(自家用車の使用は禁止です)

アクセス方法:名古屋駅からJR中央本線に乗り、大曽根駅で名鉄瀬戸線に乗り換え、
終点下車

実施場所:東京大学 大学院農学生命科学研究科 附属演習林 生態水文学研究所
URL http://www.uf.a.u-tokyo.ac.jp/eri/
宿泊場所: 生態水文学研究所赤津宿泊施設
〒489-0014 愛知県瀬戸市北白坂町1-1 TEL: 0561-21-1185

対象学生:全国の大学の学部2〜4年次生

定  員:10名(応募多数の場合は選考を行います)
なお,第2〜3日は、東京大学農学部の学生も10名程度参加します。

実習課題:森林からの土砂流出量の実測、渓流の縦断・横断測量

実習内容:
第1日「土砂生産源を知る」:実習内容説明、土砂生産源となる尾根筋の崩壊地の踏
査、既設治山ダム見学
第2日「土砂量を測定する」:堰堤に堆積した土砂量の測定、土砂の排砂体験、排砂
した土砂量の算定、過去から現在までの土砂流出量との比較
第3日「渓流を測量する」:渓流の縦断測量、横断測量、成果発表、講評
名鉄瀬戸線尾張瀬戸駅で17:00に解散

参加費用:
施設利用料免除、シーツ洗濯代200円、食費3食2日分4,000円(現地で徴収します)
集合・解散場所までの往復の交通費等は別途自己負担です。

提出書類:
?受講願(様式1)
?志望理由書(200字程度。様式自由)
?学生教育研究災害保険の加入を証明する文書のコピー

提出先:
ksj@uf.a.u-tokyo.ac.jp (提出書類をメール添付で送信)
※「公開森林実習申込」とわかるよう、e-mailの件名に書いてください。

提出期限:
2019年4月18日(木) 17時まで
2019年4月26日(金)頃に参加の可否をe-mailにてお知らせします。

キャンセルポリシー:
定員制のため希望しても受講できない人がいる可能性に留意し,日程等をよく検討の
上で申し込んでください。やむを得ず欠席する場合は,すみやかに連絡すること(直
前のキャンセルについては実費の負担を求めます)。


-----------------------------------------------
〒113-8657 文京区弥生1-1-1
東京大学大学院農学生命科学研究科 附属演習林 企画部
蔵治 光一郎
TEL 03-5841-8640  FAX 03-5841-5494
Email  kuraji_koichiro@uf.a.u-tokyo.ac.jp
http://www.uf.a.u-tokyo.ac.jp/~kuraji/
-----------------------------------------------
 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭