なごや生物多様性センターにて「昆虫標本作成講座」を開催いたします。

なごや生物多様性保全活動協議会 会員のみなさま

(団体会員の方は、団体のみなさまへ転送をお願いいたします)

いつも大変お世話になっております。

なごや生物多様性センターの曽根です。

このたび、なごや生物多様性センターにて「昆虫標本作成講座」を開催いたします。

詳細は添付ファイルにてご確認いただければ幸いです。

日時:第1回 7月3日(金) 9:30〜15:00 (雨天の予備日:7月6日(月))

第2回 8月28日(金) 13:00〜15:00

講師:戸田尚希 氏(名城大学農学部昆虫学研究室研究員・名古屋昆虫同好会会員)

場所:なごや生物多様性センター 2階会議室

本講座では本格的な昆虫標本の作成方法に興味がある・一度体験してみたいという方を

経験を問わず幅広く募集しております。

講座内容について不明点などありましたら、お気軽に担当の曽根までご連絡ください。

以上、何卒よろしくお願い致します。

R2年度 昆虫標本作製講座のご案内

***************************************************************

曽根啓子 SONE Keiko

名古屋市環境局環境企画部環境企画課

なごや生物多様性センター

生物多様性市民協働推進員

〒468-0066 名古屋市天白区元八事五丁目230番地

TEL: 052-831-8104 FAX: 052-839-1695

E-mail: a8318104-01@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp

***************************************************************

 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭
【オンライン講座】 世界の今を知るために
【転送・転載、大歓迎】

皆さま

岐阜県の西南隅から、NPO法人泉京・垂井がオンライン講座を始めます。
ODAやSDGs、グローバリズムやNGOなどに関心ある方々にお声がけいただけると助かります。
私・神田浩史が全回講師を務めます。
よろしくお願いします!

神田 浩史

<ここから、案内>

【オンライン講座】
世界の今を知るために
?このオンライン講座では、グローバルなつながりを意識しながら、ローカルな営みを一つずつ積み上げていく思考と実践の方法を学びます。
教育界やビジネス界など、それぞれのフィールドを超えてゆるやかなネットワークをつくることも目的としています。   =========================================
・国際協力やNGOに関心のある社会人や学生
・国際協力に興味があるけど、何から始めたらいいのかわからない人、仲間が欲しい人
・NGOの歴史や基礎を改めて学びたい人
・「地域と世界のつながり」「遠くて近いつながり」という言葉にピンとくる人
・私たちの暮らしと社会のさまざまな課題を解決するための具体的な取り組みを知りたい人
・講師とじっくり話がしたい人
にオススメ!
=========================================   ■■■ 講座概要 ■■■??・国際協力やNGO、SDGsなどを取り上げて1テーマ全3回の講座をシリーズで展開していきます
・Zoomのチャット機能を使って参加者の疑問に答えながら講義を進めます
・ブレイクタイムにクイズに答えてもらったり、グループワークでディスカッションをしたり、フリートークの時間を設けたりするので、わかりやすく楽しく学べます
・1講座につき、週1回、全3回。土曜日の15時半から90分が基本になります
・1講座で1テーマを学ぶので全3回通しての受講をお勧めしますが、1回だけの受講も可能です   【シラバス】
<講座その壱>
「南北問題ことはじめ」
?南北問題の起源      6月13日(土)15:30-17:00
?植民地支配の展開と私たち 6月20日(土)15:30-17:00
?南北問題という言葉の誕生 6月27日(土)15:30-17:00   <講座その弐>
「NGO・NPOってなに?」
?多様な活動を展開するNGO・NPO
?ニーズが高まるNGO・NPO
?NGO・NPOの可能性と限界
※日程が確定次第、Peatixのイベントページやグループページでお知らせします   <講座その参>
「グローバリズムをきちんと理解するために」
?グローバリズムの萌芽
?開発の時代・冷戦の時代
?猛威を振るうグローバリズムと転機
※日程が確定次第、Peatixのイベントページやグループページでお知らせします   to be continued...   【プログラム】
15:00     開場、受付開始
15:30〜15:40 アイスブレイク
15:40〜16:30 講義+数名に分かれたグループワーク
16:30〜17:00 講師との意見交換・質疑応答   ----------------------------------------------------------------------------------------------------------
このオンライン講座は、国際協力に関心のある市民に学びと交流の場を提供するために企画された、泉京・垂井(せんと・たるい)とNGO福岡ネットワーク(FUNN)主催の連続講座です。「世界の今を知るために オンライン講座有志グループ」のメンバーで打ち合わせやオンライン講座のトライアルを重ねてこの講座が誕生しました。今後もNGOの活動や世界の課題などを知り、自らにできることを考える機会をつくっていく予定です。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------   ■■■ 講師プロフィール ■■■?--------------------------------------?神田浩史
NPO法人 泉京・垂井 副代表理事
--------------------------------------
京都市生まれ。大学を卒業後、開発コンサルタント企業に勤務し、タンザニア、ナイジェリア、バングラデシュなどでODAの農業開発事業に従事。企業を退職後、主に東南アジア各地の地域づくりの現場を調査研究し、日本政府の国際協力・ODA政策策定に関わる。現在は、全国各地で地域づくり、環境・水・川、NGO・NPOなどに関する講演を行うかたわら、複数のNPOの役員を務める。グローバルな観点を踏まえた上で、流域単位の循環型社会の再構築を図る社会を「穏豊」社会と銘打ち、揖斐川流域での穏豊社会の実現に向けて駆け回っている。岐阜県不破郡垂井町在住。   ■■■ 受講料 ■■■??南北問題の起源 6月13日(土)15:30-17:00 受講料1,000円(税込)
?植民地支配の展開と私たち 6月20日(土)15:30-17:00 受講料1,000円(税込)
?南北問題という言葉の誕生 6月27日(土)15:30-17:00 受講料1,000円(税込)
<講座その壱>「南北問題ことはじめ」の全3回講座のうち、それぞれのチケットごとに何枚欲しいかをチケットお申し込み画面でご入力ください。
例えば、全部の回に参加したい方はすべてのイベントを1-1-1、2人で第1回目に参加したい方は 2-0-0とチケット枚数を入力します。
※お支払い方法は、Peatixによる事前決済(クレジットカード、コンビニ、ATM、PayPal)となります。
※主催者の都合による中止の場合を除き、購入済チケットのキャンセルはご対応しかねます。
※Zoomの同一アカウントから複数人で参加される場合でも、人数分のお申し込みと参加費の支払いをお願いいたします。   ■■■オンライン講座受講にあたっての注意点(必ずご一読ください)■■■?オンラインミーティングツール「Zoom」を使用します。
お申し込みいただいた講座の開催日前日に、主催者が登録メールアドレス宛に当日のオンライン講座のURLをお送りいたします。
当日の参加者様の環境による接続や音声の不備はフォローできかねますので、ご了承ください。
・事前にZoomのインストール、ミーティングテスト(https://zoom.us/test)に参加するなどしてアクセス方法やビデオ・オーディオの確認をお願いいたします。
使い方:
https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201362233-最新バージョンはどこでダウンロードできますか-
https://support.zoom.us/hc/ja/articles/115002262083-ミーティングに参加する前にテストするにはどうすればよいですか-
https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201362193-ミーティングに参加するにはどうすればよいですか-
・当日は以下の環境を整えてご参加ください。
?使い慣れたPC・タブレット・スマホ
?安定して速度のあるインターネット回線への接続
?雑音が少なく話しやすい静かな場所
※Zoomの使い方がわからない方は事前にお問い合わせください。
※開催日当日は開始30分前から参加(入室)が可能です。接続が不安な方は早めにご参加ください。   ■■■お申込先■■■
下記専用フォーム(Peatix)で申し込みを受け付けております。
====================
https://sento-funn-online1.peatix.com
====================   ■■■ お問い合わせ ■■■  ?特定非営利活動法人 泉京・垂井(せんと・たるい)?電 話:0584-23-3010(電話受付時間:火〜土 10:00〜17:00)?メール:info@sento-tarui.org?ウェブサイト:https://www.facebook.com/sento.tarui/??特定非営利活動法人 NGO福岡ネットワーク(FUNN)?電 話:092-405-9870(電話受付時間:火〜土 13:00〜18:00)?メール:funn@ngofukuoka.net?ウェブサイト:https://ngofukuoka.net/

--

 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭
2025万博とIRが予定されている大阪夢洲で絶滅危惧種のコアジサシが営巣しています。
皆さん
2025万博とIRが予定されている大阪夢洲で絶滅危惧種のコアジサシが営巣しています。コアジサシは夏鳥として日本に渡ってきて繁殖をします。しかし繁殖地となる河川や海岸の砂利面は減少しており、繁殖をする場所がなくなっています。そのため環境省はコアジサシ繁殖地の保全のための指針も作成しています。
しかし、卵やひなを傷つける恐れがあるにもかかわらず、大阪市IR推進局は作業を継続しています。
この場所の工事のを8月まで一時期休止し、コアジサシが安全に営巣できるように、私たちは大阪市にお願いしています。みなさんもいっしょに、大阪市に工事休止の署名をお願いします。

https://www.change.org/
を開いて、検索(ログインの左にある虫眼鏡マーク)で、
コアジサシと入力してください。

夏原由博


 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭
愛知県でもコアジサシの繁殖中に工事により妨害されるという事が多々ありましたが、

夏原様へ

初めまして日本野鳥の会愛知県支部の新實(にいのみ)と申します。

参考になるかわかりませんが愛知県の例をお知らせします。

愛知県でもコアジサシの繁殖中に工事により妨害されるという事が多々ありましたが、

今は愛知県自然環境課と連携して、

コアジサシの繁殖地を見つけた場合、

自然環境課に連絡する

自然環境課が事業者を調べて保全を申し入れる

申し入れ先の依頼があれば愛知県支部で現地の視察と保全範囲を決定する。

という流れになっています。

以前は私たちが見つけると直接事業者に連絡していたのですが、なかなか聞き入れてもらえませんでしたが今の流れになってからはかなりうまくいくようになりました。

また、以前ある事業者が卵が邪魔だから移動しようとして環境省からクレームがついたことがありました。

コロナ以外の話題が取り上げられにくい状況ですがうまくいくことを願っています。

日本野鳥の会愛知県支部

支部長 新實 豊

--

 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭
卵やひなを傷つける恐れがあるにもかかわらず、大阪市IR推進局は作業を継続しています。
皆さん
2025万博とIRが予定されている大阪夢洲で絶滅危惧種のコアジサシが営巣しています。コアジサシは夏鳥として日本に渡ってきて繁殖をします。しかし繁殖地となる河川や海岸の砂利面は減少しており、繁殖をする場所がなくなっています。そのため環境省はコアジサシ繁殖地の保全のための指針も作成しています。
しかし、卵やひなを傷つける恐れがあるにもかかわらず、大阪市IR推進局は作業を継続しています。
この場所の工事のを8月まで一時期休止し、コアジサシが安全に営巣できるように、私たちは大阪市にお願いしています。みなさんもいっしょに、大阪市に工事休止の署名をお願いします。

https://www.change.org/
を開いて、検索(ログインの左にある虫眼鏡マーク)で、
コアジサシと入力してください。

夏原由博

--

 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭