ネイチャーテクノロジーを学ぼう

環伊勢湾体験グループの皆さま

公益社団法人日本技術士会中部本部愛知県支部の野々部です。

春の暖かい日差しが感じられる今日この頃ですが、皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

なごや環境大学技術士会愛知県支部講座のご案内をさせていただきます。

4月9日(火)に開催します。講師は加藤信夫先生(技術士:建設、総合技術監理部門)で、タイトルは「ネイチャーテクノロジーを学ぼう」です。

自然界の植物や動物など、生物が持っている様々な能力が工業製品や食品に利用され、私たちのくらしに大きく役立っていることを学びます。詳しくは下記URLをご覧ください。

http://chubu-ipej.sakura.ne.jp/aichi/wp/archives/515

日時:4月9日(火) 19:00〜20:30

場所:名古屋学院大学名古屋キャンパスたいほう恵館303教室

(地下鉄日比野駅下車1番出口から徒歩10分)

題目:ネイチャーテクノロジーを学ぼう

講師:加藤信夫先生(技術士:建設、総合技術監理部門)

会費:1,000円

申込:不要(当日、会場へお越し下さい)

お問い合わせは、技術士会愛知県支部社会貢献委員会 野々部まで。

電話:0569-82-3672

FAX:0569-82-3673

e-mail:nonobe@tac-net.ne.jp

*********************************************************************

公益社団法人日本技術士会中部本部愛知県支部

副支部長 野々部顕治

〒470-2401 愛知県知多郡美浜町大字布土字中平井60-4

TEL:0569-82-3672 FAX:0569-82-3673

携帯TEL:090-4468-7680

http://chubu-ipej.sakura.ne.jp/aichi/ ←技術士会愛知県支部のホームページです。

http://www.tac-net.ne.jp/~nonobe/index.html ←私のホームページです。

*********************************************************************

 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭
花弁調査並びに実生の発芽調査を行います
 またマメナシの愛らしい白い花にであえる季節になってまいりました。
 この時期は何種類かのすみれやアケビの花も見頃です

 今年も開花が早そうなので3月末から行います。

 観察会を始めて10年新たな実生の発芽がなかったのですが
 昨年初めて発芽を確認できました。これで自生地を保全していく
 めどがたち関係者一同喜んでおります。今年から実生の発芽
 調査も行うことにしました。


 日時 平成31年3月31日(日)9:30より
        午後 花弁調査並びに実生の発芽調査を行います


 集合場所 小牧ヶ丘老人憩いの家集会所駐車場 小牧市大草5962-3

http://kokomail.mapfan.com/receivew.cgi?MAP=E137.0.41.3N35.18.10.6&ZM=9&CI=R

 名古屋造形大学と小牧市民四季の森の間にある「年上坂」の交差点を東(エコハウ
スと反対側)に曲がってください

 主催 こまきエコネット、リリオの会

 資料代 1家族200円(高校生まで100円)

 *申し込みは必要ありませんが資料配布の都合のため参加希望の方はご連絡くださ
い。
 *会場にトイレはありません。事前に用を済ませてご参加ください。

  e-メール imaedaQ@gmail.com 今枝携帯 090-1476-6181

 ※もう1回観察会を開く予定です。
  今のところ3月24日(日)か4月7日(日)か今後の開花状況によって決定しま
す。
  またMLやFacebookでお知らせする予定です。


 マメナシ (地方名イヌナシ)
 学名 Pyrus calleryana (英名はない)科名・属名 バラ科 ナシ属

 日当たりの良い湿地周辺などに自生する落葉高木。愛知県のレッドデータブックで
 絶滅危惧?A類に指定されている。

 国内では愛知、三重、岐阜(1箇所のみ)に自生している。果実は直径1cmほどのほ
ぼ>球形をしている。自生しているものは国内に400本ほどしかなく、そのうち20数本
が小牧市内にある。また天然下種更新(てんねんかしゅこうしん:種が落ちて一人生
えして大きな木まで生長すること)をしている自生地は全国に数箇所しかなく小牧の
自生地はとても大事な場所である。

 自生地内にはクロミノニシゴリも自生しており生物多様性の宝庫である東海丘陵要
素 植物の植生を見ることが出来ます。またウワミズザクラも何本か自生しており4
月後半には白い花を咲かせます。

 2011年8月に『大草のマメナシ自生地』として愛知県の天然記念物に指定されまし
 た。

:-- :-- :-- :-- :-- :-- :--:-- :-- :--
今枝 久@リリオの会
http://www.pat.hi-ho.ne.jp/imaeda-q/
imaeda-p@pat.hi-ho.ne.jp
携帯 090-1476-6181
:-- :-- :-- :-- :-- :-- :--:-- :-- :--
 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭
「ぎふNPO・生涯学習プラザ」では、ソーシャルビジネスセミナー

関係各位(転送・転載歓迎)

いつもお世話になっています。東大手の会の青木です。標記の企画についてご案内させていただきます。ぜひ、ご参加ください。

↓以下、ご案内になります

================================

NPO法人ぎふNPOセンターの笠原と申します。

ぎふNPOセンターが岐阜県から受託し、運営している

「ぎふNPO・生涯学習プラザ」では、ソーシャルビジネスセミナーを

ご案内させていただきます。

講座は3月20日(水)19時から、JR岐阜駅直通の

「ハートフルスクエアーG 研修室30」にて開催いたします。

社会や地域の課題を解決するために事業を運営していくなかで、活動費の

心配をすることは多いのではないでしょうか。ぎふNPOセンターも悩んでいます。

今回のセミナーでは、学生の長期実践型「ホンキ系インターンシップ」や

社会人向け兼業・プロボノマッチングWeb「ふるさと兼業」など、

様々な事業を展開し、「思いを言葉にし、言葉を行動に変えていく」人材の

育成を通じて、地域活性に取り組んでいるNPO法人G-netから、

代表理事の南田 修司さんをお招きします。

団体の目的達成と収益を上げることの両立を考える上で大切なことや団体の

思いに共感する方を増やすための伝え方など、講座をワークショップを行い、

考えます。

事業を考えたいNPOや起業を考えている方など、ご参加をお待ちしております!

※岐阜県外からの参加も大丈夫です。

お申込みは「こくちーず」からお申込みいただくか、

E-mailの場合は、詳細下記の<申込フォーム>をお使いいただき、

お問合せ先までお送りください。

FAXをご希望の方は、ぎふNPO・生涯学習プラザのホームページをご覧ください。

(こくちーず URL)

https://kokucheese.com/event/index/557631/

(ぎふNPO・生涯学習プラザ ホームページ当該セミナーURL)

https://www.pref.gifu.lg.jp/kurashi/npo-tiiki/npo-volunteer/11260-1/soshikikiban/H30sbseminar.html

以下、詳細になります。

-------------------------------------------------------------

日時:平成31年3月20日(水) 19時〜21時

場所:ハートフルスクエアーG:研修室30

  (岐阜市橋本町1丁目10番地23 JR岐阜駅内直通)

参加費:無料

定員:15名

お問合せ先:ぎふNPO・生涯学習プラザ

TEL:058-372-8501、FAX:058-372-8502

E-mail:gifu-npo-plaza@gifu.email.ne.jp

<申込フォーム>

名前:

所属:※所属している団体があればご記入ください。

住所:〒

電話:

E-mail:

ヒアリング1:下記選択肢からお選びください。

・「ソーシャルビジネスでの起業を考えている」

・「ソーシャルビジネスに興味がある」

・「ソーシャルビジネスを営んでいる」

・「その他」

ヒアリング2:本セミナーに参加される理由・聞いてみたいことをご記入ください。

-------------------------------------------------------------

================================

--------------------------------------------------------------------

青木 研輔

携帯:090-6618-0369

E-Mail:aoki0104@hotmail.com

 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭
実習名称:森林と土砂と渓流の実習 −山から川に流れ出る土砂を測ろう−
みなさまへ
(複数のMLに発信しています。重複ご容赦ください)

 東京大学演習林の蔵治です。

お世話になっております。

さて、東京大学演習林は、他大学の学生も参加できる「公開森林実習」を行っていま
す。
愛知県瀬戸市にある東大演習林の生態水文学研究所では、以下の実習が企画されてい
ますので
この機会に参加をご検討いただければ幸いです。
(大学の教員の方は、周りの学生に周知していただけると幸いです)

詳しくは
http://www.uf.a.u-tokyo.ac.jp/ksj/ksj-eri.html
をご覧ください。

実習名称:森林と土砂と渓流の実習 −山から川に流れ出る土砂を測ろう−

科目名称:東京大学公開森林実習

※受講学生は農学実験研習生として受け入れ、受講証明書を発行いたします
(1単位相当)。
所属大学における単位認定の有無については,各大学の教務担当事務に問い合わせて
下さい。

担当教員:熊谷朝臣・堀田紀文(森林科学専攻)・石橋整司・田中延亮・佐藤貴紀
(演習林生態水文学研究所)

実施時期:2019年6月12日(水)〜6月14日(金)2泊3日

集合時刻:2019年6月12日(水)12:45

集合場所:名鉄瀬戸線 尾張瀬戸駅改札(自家用車の使用は禁止です)

アクセス方法:名古屋駅からJR中央本線に乗り、大曽根駅で名鉄瀬戸線に乗り換え、
終点下車

実施場所:東京大学 大学院農学生命科学研究科 附属演習林 生態水文学研究所
URL http://www.uf.a.u-tokyo.ac.jp/eri/
宿泊場所: 生態水文学研究所赤津宿泊施設
〒489-0014 愛知県瀬戸市北白坂町1-1 TEL: 0561-21-1185

対象学生:全国の大学の学部2〜4年次生

定  員:10名(応募多数の場合は選考を行います)
なお,第2〜3日は、東京大学農学部の学生も10名程度参加します。

実習課題:森林からの土砂流出量の実測、渓流の縦断・横断測量

実習内容:
第1日「土砂生産源を知る」:実習内容説明、土砂生産源となる尾根筋の崩壊地の踏
査、既設治山ダム見学
第2日「土砂量を測定する」:堰堤に堆積した土砂量の測定、土砂の排砂体験、排砂
した土砂量の算定、過去から現在までの土砂流出量との比較
第3日「渓流を測量する」:渓流の縦断測量、横断測量、成果発表、講評
名鉄瀬戸線尾張瀬戸駅で17:00に解散

参加費用:
施設利用料免除、シーツ洗濯代200円、食費3食2日分4,000円(現地で徴収します)
集合・解散場所までの往復の交通費等は別途自己負担です。

提出書類:
?受講願(様式1)
?志望理由書(200字程度。様式自由)
?学生教育研究災害保険の加入を証明する文書のコピー

提出先:
ksj@uf.a.u-tokyo.ac.jp (提出書類をメール添付で送信)
※「公開森林実習申込」とわかるよう、e-mailの件名に書いてください。

提出期限:
2019年4月18日(木) 17時まで
2019年4月26日(金)頃に参加の可否をe-mailにてお知らせします。

キャンセルポリシー:
定員制のため希望しても受講できない人がいる可能性に留意し,日程等をよく検討の
上で申し込んでください。やむを得ず欠席する場合は,すみやかに連絡すること(直
前のキャンセルについては実費の負担を求めます)。


-----------------------------------------------
〒113-8657 文京区弥生1-1-1
東京大学大学院農学生命科学研究科 附属演習林 企画部
蔵治 光一郎
TEL 03-5841-8640  FAX 03-5841-5494
Email  kuraji_koichiro@uf.a.u-tokyo.ac.jp
http://www.uf.a.u-tokyo.ac.jp/~kuraji/
-----------------------------------------------
 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭
数字の力であの人を味方にしたい 市民活動団体のための「オープンデータ」活用術

東大手の会・会員の皆様へ(転送・転載歓迎)

いつもお世話になっています。東大手の会の青木です。当会の会員が関係する企画についてご案内させていただきます。ぜひ、ご参加ください。

↓以下、ご案内になります

日進市にぎわい交流館 出会おう!協働!講座

数字の力であの人を味方にしたい 市民活動団体のための「オープンデータ」活用術

https://shimin-kouryu.net/chair/16195

「私たちに関心を持ってくれる人が少ない!」

「○○で困っている人どれくらいいる?」

「活動の必要性を分かりやすく説明したい!」

それ、オープンデータが役に立つんじゃないですか?

市民活動・まちづくりに役立つデータを一緒に探して使ってみましょう!

とき

2019年3月17日(日)13:30〜16:00

ところ

日進市役所南庁舎 2階 第5会議室

〒470-0122 日進市蟹甲町池下268

※ 日進市にぎわい交流館から変更になりました

※ 当日は「にっしんスポーツフェスタ」が開催され、市役所の南駐車場が使用できないほか、混雑が予想されます。お車の方は、お時間に余裕を持ってお越しください。

対象 NPO・地縁団体などの市民活動団体、テーマに関心のある方

参加費 無料

定員 20 名

ノートパソコン等をお持ちいただくとワークに参加しやすくなります

申込み先・問合せ先

日進市にぎわい交流館(担当 鈴木)

参加申込フォーム https://goo.gl/forms/KGn0uJlbWzV40ISn2

電話 0561-75-6650

ファクス 0561-73-5810

メール nigiwai@me.ccnw.ne.jp

ウェブサイト https://shimin-kouryu.net/

内容(予定)

第1部 オープンデータを知ろう!

オープンデータの基礎知識や活用方法について、データの整備を進めている日進市 企画政策課や、データを使った資金調達・政策提言に取り組んだNPO 法人ファミリーステーションRin にお話しいただきます。

第2部 オープンデータを使おう!

グループに分かれて、関心のあるテーマのデータを探したり、データの加工・視覚化をしたりしてどんなことに使えるか試してみましょう。

作業を共にすることで、参加者同士の交流も深まること間違いなし!

市民・企業・行政などの枠を超えて、同じ目的・目標に向かって、互いの得意を生かし、苦手を補いながら取り組むことを「協働」といいます。

そのためにはまず、やっていることや考えていることを知り、理解し合う機会が必要だと考えました。

こうして生まれたのが、「出会おう!協働!講座」です。

オープンデータ とは?

国や自治体が持っているいろいろなデータを誰もが自由に利用できる条件、機械(コンピュータ)が処理しやすい形式で公開しているものです。

世界的な動きに対応して、日進市は2014年度に「オープンデータミュージアム」をウェブサイト上に開設。 近隣の自治体とも連携しながら、人口、医療・福祉、くるりんばす、防災・防犯、各種統計情報などのデータを公開しています。

主催:日進市にぎわい交流館

協力:日進市 企画政策課、NPO法人ファミリーステーションRin

--------------------------------------------------------------------

青木 研輔

携帯:090-6618-0369

E-Mail:aoki0104@hotmail.com

--------------------------------------------------------------------

 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭