東海地域の環境団体や持続可能な地域づくりを行っている団体の 交流会

みなさま

はじめまして。2月から参加させてもらいました。

泉京・垂井/地域の未来志援センターの河合良太と申します。

初投稿です。どうぞ宜しくお願い致します。

さっそくで恐縮ですが、2月23日(土)に名古屋国際センターで

東海地域の環境団体や持続可能な地域づくりを行っている団体の

交流会を行います。

基調講演にはダッシュ海岸でおなじみの木村尚さん

大学生による未来を描くワークショップも開催します。

ご興味がありましたらぜひご参加ください。

以下ご案内です。転送大歓迎です。

*******************

山川里海 情報交流会

そろそろ真剣に向き合ってみませんか!?

”次世代”からのメッセージ

*******************

■基調講演は「ダッシュ海岸」でおなじみの木村尚さん

■参加費は500円。学生は無料!

■大学生による未来を描くワークショップもあります

【こんな方におすすめ】

★「ダッシュ海岸」でおなじみの木村尚さんのお話を聞きたい!

★環境活動や持続可能な地域づくりをしている人とつながりたい!

★活動の展望が見えない、行き詰まりを感じている、、

★環境活動や持続可能な地域づくりって何か知りたい!

★世代を超えた交流をしたい!

■ウェブサイト・イベントページで情報を更新しています

http://c-mirai.org/ (ウェブサイト)

https://www.facebook.com/events/594583987646081/ (イベントページ)

今、市民活動に限らず日本中が担い手不足となっています。

人口減少・少子高齢化という社会的背景があり、こうした状況を突破

するには従来通りの発想では難しく、新たな発想・チャレンジが必要

ではないでしょうか。

今回の交流会はコミュニケーションが不足しがちなベテランと若者が

一堂に会し、想いや意見、それぞれの将来展望等をぶつけあう場をつ

くってみてはどうだろうか……東海3県から環境活動やまちづくりに

関わる多様なメンバーが集います。

環境活動や地域づくりを行っている方、これからやってみようと思っ

ている方、ちょっと興味があるなという方、ぜひご参加ください。

■■プログラム■■

【基調講演】10:40-11:30

「ブルーカーボンと世代を超えた取り組みについて」

講師:木村 尚 氏(NPO法人 海辺つくり研究会 理事・事務局長)

※木村さんの詳しいプロフィールはこちら

http://blog.canpan.info/c-mirai2/archive/943

【次世代がつくるワークショップ】11:40-14:30

「何を想う?イマドキの大学生」

昼食をご持参いただき、グループでのランチミーティングをお薦めします!

【テーマ別分科会】14:45-16:30

「とにかくお話」─あなたはこの日、何人と語り合えますか?

ワールドカフェ風の交流タイム。自分のフィールドで何が活かせる

のか?参加者同士語り合い、たくさんの収穫を持ち帰りましょう。

分科会の初めには、各分野で活動されている方から取り組みについ

てのお話があります。

《テーマ》

『海の豊かさ』『陸の豊かさ』

『エネルギー』『気候変動・災害』

『働きがいも経済成長も』『つくる責任 つかう責任』

【懇親会】17:30-18:30

会場にて簡単な懇親会を行います。

★交流会終了後は会場近くで2次会を開催いたします。

ご参加を希望される方は、事前にお知らせください。

2次会は実費負担となります。

===============

【日 時】

2019年2月23日(土)10:30〜18:30

※17:30-18:30 会場で簡単な懇親会

【会 場】

名古屋国際センター5F 第一会議室

※名古屋駅から東へ徒歩7分

※地下鉄桜通線「国際センタービル」駅下車すぐ

【地 図】

https://goo.gl/maps/Nyr6bLyAxJC2

※グーグルマップが開きます

【対 象】

環境市民活動団体、持続可能な地域づくり、

地域活性化に関心のある人・団体など

【参加費】

一般500円、学生無料

※価格が変更になりご参加していただきやすくなりました!

【お申し込み・お問い合わせ】

NPO法人 地域の未来・志援センター

住所:461-0002 名古屋市東区代官町39-18

日本陶磁器センタービル5階中部リサイクル運動市民の会内

電話:052-936-3213

ファックス:052-982-9089

メール:office@c-mirai.org

★ウェブ申し込み(こくちーず)

https://ssl.kokucheese.com/event/entry/548175/

【主 催】

NPO法人 地域の未来・志援センター

一般財団法人 セブン-イレブン記念財団

【共 催】

22世紀奈佐の浜プロジェクト委員会

NPO法人森と水辺の技術研究会

【協 力】

愛知・川の会、渥美半島環境活動協議会、東海市民社会ネットワーク、

西濃環境NPOネットワーク、藤前干潟クリーン大作戦実行委員会、

NPO法人四日市ウミガメ保存会、NPO法人泉京・垂井

【後 援】

愛知県、岐阜県、三重県、環境省中部地方環境事務所

以上です。

よろしくお願いします。

***************************************
NPO法人 泉京・垂井(せんと・たるい)
河合 良太 Kawai Ryota
岐阜県不破郡垂井町宮代1794番地の1
Mail: ryo_kawa_27@yahoo.co.jp(個人)
TEL:0584-23-3010 FAX:0584-84-8767
***************************************

 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭
日本陸水学会東海支部会第21回研究発表会

伊勢三河湾ML、矢作ML各位(※重複受信,ご容赦願います)
いつもお世話になります.名古屋大学の田代です.
日本陸水学会東海支部会では,下記の通り,第21回研究発表会を開催します.
バラエティに富んだ42件の発表で構成されるプログラムについては,
既にフィックスしておりますが,会員以外の方でも聴講可能です.
みなさまのご来場をお待ちしております.

日本陸水学会東海支部会第21回研究発表会
日時:2019年2月16日(土)10:00〜17:30(開場9:30)
17日(日) 9:20〜12:00(開場9:00)
会場:蒲郡市生命の海科学館・1階メディアホールhttp://www.city.gamagori.lg.jp/site/kagakukan/
参加費:
一般 2,000 円/学生 1,000 円
※要旨集代として,当日受付にて徴取させていただきます.
申込・問合せ先:
日本陸水学会東海支部会事業担当幹事
名古屋大学減災連携研究センター 田代 喬
E-mail: ttashiro@nagoya-u.jp
※会場規模の問題がありますので,
参加を希望される方は,極力事前にお申込ください.
詳細情報掲載URL:
http://rikusui-tokai.sakura.ne.jp/annual_meeting/
※上記サイトから、プログラムもご参照いただけます.
以上

-- 
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
                         田代 喬   博士(工学)
  名古屋大学 減災連携研究センター 副センター長
ライフライン地盤防災産学協同研究部門 特任教授
                     Takashi TASHIRO (D. Eng.)
             Vice Director, Designated Professor
         Disaster Mitigation Research Center
                             Nagoya University
------------------------------------------------
             〒464-8601  名古屋市千種区不老町
             名古屋大学減災館401号室
      #401 Dsstr. Mtgtn. Bldg., Nagoya Univ.
  Furo-cho, Chikusa-ku, Nagoya 464-8601, JAPAN
    Tel: +81-52-789-4829, Fax: +81-52-789-2975
                  E-mail: ttashiro@nagoya-u.jp
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭
伝子操作生物から生物多様性を守ることはできるのか?

[転送歓迎・重複御免]

ハラノ@食農市民ネット/BIBです。

昨年末に開催された生物多様性条約COP14およびカルタヘナ議定書MOP9について、環境省・農林水産省担当者からの報告を受け、意見交換を行います。

とくに、遺伝子ドライブなど遺伝子組み換えの新技術の取り扱いについて、詳しく報告を受ける予定です。

ぜひご参加ください。

===================================
◆生物多様性に関するCOP14&MOP9報告院内学習会◆
遺伝子操作生物から生物多様性を守ることはできるのか?
2018年11月、エジプトのシャルム・エル・シェイクで生物多様性条約第14回締約
国会議(COP14)、カルタヘナ議定書第9回締約国会議(MOP9)、名古屋議定書第
3回締約国会議(MOP3)が開催されました。

今回の締約国会議は「人間と地球のための生物多様性への投資」がテーマでした。
とくに2010年の名古屋COP10で合意された愛知ターゲット(2020年までの自然保
護の世界目標)がまもなく期限を迎えるため、新たなターゲットを提案するため
の検討プロセスが話し合われました。その他にも「生物多様性と気候変動」など、
さまざまなテーマで話し合いが行われましたが、市民団体が最も強い関心をもっ
て臨んだテーマが「遺伝子ドライブ」でした。遺伝子ドライブは、生物種の絶滅
につながる可能性がある技術だと、世界の市民団体・環境団体が懸念を表明して
いました。

報告会では、遺伝子ドライブへの対応はどうなったか、遺伝子組み換え生物に関
するカルタヘナ議定書締約国会議でどのような議論が行われたか、さらに、ポス
ト愛知ターゲットについてどのような提案がされたか、エジプトの会議に出席し
た農林水産省と環境省の担当者から報告を受けます。次々と新たな遺伝子操作技
術が登場する中、大切な生物多様性を守るにはどうしたらいいのでしょうか。み
なさんと一緒に考えます。
【日時】2019年2月13日(水)13:00〜15:00
※12:30からロビーで通行証を配布します
【会場】衆議院第1議員会館 第4会議室
(最寄駅:地下鉄「国会議事堂前」)
資料代:500円
主催:食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク
[連絡先]
Tel:03(5155)4756/Fax:03(5155)4767
Email:office@fa-net-japan.org
==================================

 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭
あいち学童保育研究集会
あいち学童保育研究集会

日時:2019年3月3日(日)9:45〜16:00 午前:全体会 午後:分科会

会場:日本福祉大学 美浜キャンパス 愛知県知多郡美浜町奥田 ※アクセス方法

参加費:一般当日2,000円(会員前売り1,500円)

保育:1,000円(3歳以上) ※定員50人 申し込み順

昼食:700円 ※2月22日(金)締め切り
 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭
シンポジウム「いたか緑地のこれから」
第5回(通算 第10回 最終回)いたかの森の楽集講座
シンポジウム「いたか緑地のこれから」
【主催:なごや環境大学/企画・運営:名東自然?楽部】

【講演】 増田理子さん(名古屋工業大学教授)
【猪高緑地のグランドデザイン】 陸浦昂起さん(名古屋工業大学院 博士前期課程2年) 
【パネルディスカッション】
小幡俊一さん(緑政土木局緑地事業課長)
小出恭司さん(環境局地域環境対策課長)
野呂達哉さん(金城大学等 非常勤講師)
長谷川泰洋さん(名古屋産業大学講師)

【日時】 2019年3月3日(日)13:00〜16:00 ※受付開始12:30  
【場所】 名東区役所 講堂(名東区上社2-50)
【定員】 先着200名 ※小学生以下は保護者同伴(中学生以上向きです)
【参加費】 300円 ※中学生以下は無料
【応募締切】 定員になり次第
【申込み・問合せ先】 e-mail:k-takagi@zd6.so-net.ne.jp
※詳細はこちら(名東自然?楽部ウェブサイト・なごや環境大学ウェブサイト)
http://sizen.ciao.jp/introduction/symposium190115.pdf
https://www.n-kd.jp/calendar/lineup/koza18a/B-63.html
 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭