3.11を終わらせない企画 おしどりマコ・ケンと原発事故人権侵害訴訟・愛知岐阜 原告団 明らかになっているのに知らされない原発事故被害 だまっちゃおれん!!避難者訴訟原告団のイベント
大沼です

福島原発事故・避難者損害賠償訴訟愛知岐阜控訴審原告団が
おしどりマコさんケンさんを呼んでイベントをやるそうですのでお知らせします。
国の責任を認めなかった一審の不当判決を経ての上告審です。
★
3.11を終わらせない企画 
おしどりマコ・ケンと原発事故人権侵害訴訟・愛知岐阜 原告団
明らかになっているのに知らされない原発事故被害
だまっちゃおれん!!避難者訴訟原告団のイベントのお知らせです。
マコ・ケンさんを招いて、3月1日の午前中は、名市大さくら講堂で、
午後は瀬戸市で行われます。
イベントの詳細は、下記の通りです。
ポスターは、このMLに添付できないので、
緑亭通信に貼りました。
http://bunamoutainski.asablo.jp/blog/2020/01/17/

2020.03.01(日) 
<午前の部>
開場9:05  終了12:30
参加費1000円(高校生以下無料)

名古屋市立大学桜山キャンパス
さくら講堂  総合情報センター3F
(名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1
地下鉄桜通線桜山駅3番出口徒歩すぐ
駐車場はございません)

【プログラム】
第1部9:15〜
名市大生が語る原発事故からの避難
第2部9:30〜
おしどりマコ・ケントークライブ
第3部11:00頃〜12:15
マコ・ケンとだまっちゃおれん原告トーク

★(午後の部〜会場は瀬戸市)
第11回 たのむぞ、おとな in せと
芸人 おしどりマコ・ケン  原発事故取材報告
「遠くのだれかを守ることは、
   自分と自分の大切な人を守ること」

3月1日 13:30?16:30
場所:瀬戸市?化センター ?化交流館 第31会議室 (瀬戸市?茨町113−3)
車:駐?場520台有り  又は 電車:尾張瀬戸駅徒歩15分

チケット:800円(18才以下無料)
託児はありませんが、?さなお?さん連れも大歓迎!
※200席限定のため当?券は販売しない可能性があります。

【チケット購入方法】
連絡先 090-4215-1323(田口・SMSメール可)
Mail: tanomuzo.otona.seto@gmail.com
または、裏面の賛同団体でも扱っています。
チケット販売状況はグリスマHPをチェック!
HP https://ameblo.jp/green-smile-seto/
検索 グリスマ 瀬戸市

【当日スケジュール】
13:30〜 開場 13:40〜 開演
第一部 おしどりマコ・ケン
トークライブ
第二部 マコ・ケンが避難者とトーク
「命と未来を守りたいからだまっちゃおれん!」 
(福島から愛知や岐阜に避難した7世帯の避難者が立ち上がった 
「だまっちゃおれん訴訟」原告が参加)
〜16:30 終了
【同時開催】
13:00〜18:00 各団体展示
1階11会議室 (展示見学無料)

*******************************
大沼淳一
〒465-0091 名古屋市名東区よもぎ台1-1704
TEL & FAX 052-779-4291
Mail Adress:nw4j-oonm@asahi-net.or.jp
緑亭通信(ブログ):http://bunamoutainski.asablo.jp/blog/

*******************************


 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭
子どもの権利の視点で「子どもにやさしいまち」とはどんなまちか

みなさまへ、参加者募集のお知らせです。
「なごや子ども条例」が制定され約10 年が経ちました。
今年度、子ども条例は子どもの権利に関する基本条例であることを尊重したものへと改正に向けて検討されています。
この機会に子どもの権利の視点で「子どもにやさしいまち」とはどんなまちか、いっしょに考えてみませんか。
開催日時:2020年1月20日(月)10時から12時半
開催場所:名古屋国際センター5階 第1会議室
9:45 受付開始
10:00 なごや子ども条例改定ポイントを知ろう
講師:谷口由希子さん
名古屋市立大学大学院准教授/なごや子ども・子育て支援協議会子ども条例検討部会委員
10:30 「子どもにやさしいまち」ってどんなまち?
講師:木下 勇さん
千葉大学大学院教授/日本ユニセフ協会子どもにやさしいまちづくり事業委員会委員長
※ユニセフが提唱する子どもにやさしいまちとは、子どもの最善の利益を図るべく子どもの権利条約の内容を具現化するまち(市町村など)のことを言います。
11:30 意見交換
12:30 終了
★申込先:こどもフォーラム事務局
codomo.forum@gmail.com
★定員80名先着順
主に子ども・子育て支援、青少年育成に関わる活動をしている方、関心のある市民対象
? 名前 ?所属 を明記し、メールにてお申込みください。
主催:名古屋市子ども青少年局
企画運営/問合せ:こどもフォーラム
名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル203 伊勢三河ネットワーク内
codomo.forum@gmail.com
https://www.facebook.com/codomo.forum/
平成20年に「なごや子ども条例」が制定され、今年で約10年。そして、国連「子どもの権利条約」が採択され30年になり、日本は批准し25年になります。本日1月14日からは子どもの権利擁護機関が始動します。子どもの権利擁護機関の設立が検討される中で、「なごや子ども条例」が改定されることになりました。
なごや子ども条例が子どもの権利に関する基本条例であることを尊重しつつ、今一度、見直すべき箇所がないか検討する提言が委員より提出され、今年なごや子ども条例検討部会が設置されました。検討部会では、子どもの権利は守られてきたのだろうかと改めて振り返り、子どもは権利の主体であり、子どもの権利を根幹に据えるという観点から見直しを行う箇所がないかを検討し、改定の基本的な考え方が公表されています。
改めて、なごや子ども条例の改定ポイントを知ると共に、子どもの権利を保障するために積極的に取り組むまちとはどのようなまちなのか、「なごや子ども条例」の改定を踏まえて参加者同士で意見交換を行います。

=========================
こどもフォーラム
原 京子

kyou.hara@nifty.ne.jp

 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭
2月8日(土)に垂井町で 山川里海情報交流会&グリーン連合シンポジウムを開催

みなさま

お世話になっております。泉京・垂井の河合です。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2月8日(土)に垂井町で

山川里海情報交流会&グリーン連合シンポジウムを開催いたします。

全国で環境活動をされている著名な方々や

東海三県で活動されている若手実践者のお話を聞くことができます。

環境活動や持続可能な地域づくりを実践している人

環境ボランティア活動を始めようと思っている人

興味のある方であればどなたでも参加できます!

河合

以下ご案内です。転送大歓迎です。

***********************

2020/2/8 @垂井

山川里海 情報交流会  & グリーン連合シンポジウム

〜つながり つむぐ 私たちの環境活動

みんなの未来に向けて〜

***********************

東海3県で環境活動や持続可能な地域づくりを

おこなっている方々の交流会と、

環境NGO、NPO・市民団体の

全国ネットワークである

グリーン連合のシンポジウムです。

この地域にも、全国にも

素敵な人や取り組みがたくさんあります。

そんな人たちが「世代」「地域」「分野」を超えて、

岐阜県・垂井に集まります。

みんなの未来について楽しく、

でもちょっとまじめに語り合う一日です。

環境NGO・NPOって普段何してるの?

実際何ができるの?あるいはどうやって生活しているの?

という普段あまり聞けないことも語ります。

環境活動や持続可能な地域づくりを実践している人

環境ボランティア活動を始めようと思っている人

興味のある方であればどなたでも参加できます!

★グリーン連合シンポジウム登壇者★

藤井 絢子さん

(NPO法人菜の花プロジェクトネットワーク 代表)

杦本 育夫さん

(認定NPO法人 環境市民 代表理事)

桃井 貴子さん

(認定NPO法人気候ネットワーク 東京事務所長)

中下 裕子さん

(NPO法人ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議 代表理事)

グリーン連合ウェブサイトhttps://greenrengo.jp/

★東海3県の若手実践者による取り組み発表&分科会登壇者★

テーマ「山」

唐澤 晋平さん(奏林舎代表)

澤 秀俊さん(建築家/一級建築士 SAWADEE/ 澤秀俊設計環境 主宰)

テーマ「川」

坂本 貴啓さん(国立研究開発法人土木研究所自然共生研究センター専門研究員)

新玉 拓也さん(魚と子どものネットワーク 代表)

テーマ「里」

小林 あやさん(いなべフェアトレードタウン)

吉田 叡司さん(nekko farm 代表)

テーマ「海」

下田 菜生さん(NPO法人四日市ウミガメ保存会 代表)

松野 弘美さん(Blue Drop)

各登壇者のプロフィールはこちらでご案内しています。

https://peraichi.com/landing_pages/view/to8fl

■プログラム

第 1 部

『SDGs×流域思考 未来創造プログラム 成果発表』

未来創造プログラムでは大学生・高校生たちが

伊勢・三河湾流域について学び活動しています。

彼・彼女らの一年の取り組みや成果、

これからのことを皆さんに伝え、

活動を通じて感じた疑問を投げかけます。

それがこの一日のテーマとなります。

第 2 部

『東海3県の若手実践者による取り組み発表&分科会』

東海3県をフィールドに活躍されている若手の皆さんの事例を紹介。

その後「山」「川」「里」「海」4つの分科会を行います。

『ランチミーティング』

お昼ごはんを食べながら、みんなで楽しく交流しましょう。

「山の薬膳ごはん よもぎ」 の昼食をご用意いたします。

※薬膳ランチをご希望の方は別途1,650円(税込み)が必要です。

昼食希望後のキャンセルはできません。

ご希望の方は、申込時にお伝えください。

第 3 部

『グリーン連合シンポジウム

〜エコロジカルな社会をみんなでつくるには〜』

グリーン連合のメンバー及び、地域で活動している方が

テーブルを囲んで持続可能な未来を作るためにディスカッションを行います。

その中からテーマを導き出し、参加者がグループになって対話をします。

■以下で詳細をご案内しています。

https://peraichi.com/landing_pages/view/to8fl (ウェブサイト)

https://www.facebook.com/events/470137923634954/ (FBページ)

■開催概要

日にち:2020年2月8日(土)

時 間:10:00~17:30

場 所:垂井町表佐地区まちづくりセンター

住 所:岐阜県不破郡垂井町表佐1723-1

参加費:一般 1,000円 学生 500円 (資料代)

■アクセス

お車または公共交通機関でお越しください

地図:https://goo.gl/maps/hVyFUX73a8QjuDW36

※会場には駐車場がございます。

※当日はJR垂井駅よりシャトルバスを運行します

[JR垂井駅南口発]JR垂井駅着の9時台の電車に合わせて出発/13:30

[表佐地区まちづくりセンター発]13:00/イベント終了後

■お申し込み

以下の申し込みフォームからお願いします。https://www.kokuchpro.com/event/d0b9c2ad7eba7bcf373b527adcbd5b0a/

■お問い合わせ

NPO法人 地域の未来・志援センター

電話:052−936−3213

メール:office@c-mirai.org

NPO法人 泉京・垂井

電話:0584−23−3010

メール:info@sento-tarui.org

◆主催

グリーン連合

一般財団法人セブン-イレブン記念財団

NPO法人地域の未来・志援センター

NPO法人泉京・垂井(せんと・たるい)

愛知・川の会

◆後援

愛知県、岐阜県、三重県、垂井町、環境省中部地方環境事務所

NPO法人 ぎふNPOセンター、ESD活動支援センター、中部地方ESD活動支援センター

◆協力

渥美半島環境活動協議会、魚と子どものネットワーク、

西濃環境NPOネットワーク、東海市民社会ネットワーク、

中部環境パートナーシップオフィス(EPO中部)、22世紀奈佐の浜プロジェクト委員会

NPO法人四日市ウミガメ保存会 NPO法人森と水辺の技術研究会

-

 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭
「悩める若者のための環境の仕事のハナシ〜自然に関わる仕事をしよう!〜」

四日市公害と環境未来館活動室の谷崎です。

当館で、高校生や大学生〜30代までを主な対象に下記の講座を行います。

ぜひお知り合いにも周知いただけますと幸いです。

=========以下、転送歓迎!!=========

「悩める若者のための環境の仕事のハナシ〜自然に関わる仕事をしよう!〜」

これから進路・就職・転職などを考えるみなさま、

自然に関わる仕事をしてみませんか?

会社員、公務員、NGO職員、自営といった異なった立場で、

山や公園、生きものなど自然と関わる仕事をしているゲストから、

現場のナマの声を聞き、一緒に一歩先の未来を考えてみましょう!

現在申込受付中です!

【日 時】2月 11日(火・祝)13時30分〜16時30分
【対 象】高校生〜30代

【定 員】先着30名

(当日参加も可能ですが、準備の都合上、前日までにご連絡ください)

【場 所】四日市公害と環境未来館 1F研修・実習室

【講 師】

★ 山の恵みを活用・猟師兼カフェ経営 安田 佳弘さん

★ 環境省で自然環境行政に従事 山北 育実さん

★ 企業で環境教育・HPなどで情報発信 虎田 杏さん

★ NGOで環境学習施設を管理・運営 猪俣 寛さん

(詳しくは下記リンクのチラシをご覧下さい)

https://www.city.yokkaichi.mie.jp/yokkaichikougai-kankyoumiraikan/pdf/r20211-kaiyoushigoto.pdf

【参加費】無料
【服 装】就職説明会ではありません。楽な服装でお越しください。

【お申し込み方法】
「自然の仕事」係へ、?参加者のお名前 ?年齢(学校名と学年) ?電話番号 を、

電話 / メール / FAX / 郵送 / 当館1F図書カウンターのいずれかでお知らせください。

※個人情報は、当館事業以外には使用致しません。

【申し込み先】四日市公害と環境未来館
〒510−0075 三重県四日市市安島1丁目3番16号
(TEL)059−354−8430 (FAX)059−354−8431
(E-mail)
info@eco-yokkaichi.com

-

 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭
連続講座「野生動物を知る」(全8回)を開催しています。
皆様

岐阜大学の森部です。
岐阜大学野生動物管理学研究センターでは、本年度も連続講座「野生動物を知る」(全8回)を開催しています。
第8回を下記の通り、開催します。
多数のご参加をお待ちしております。

************
2019年度連続講座 「野生動物を知る」
第8回
【演題】野生動物救護の今とこれから

【演者】赤木 智香子 氏 (ラプター・フォレスト / 代表)

【開催日時】2020年2月1日(土) 14:00 〜 16:00

【開催場所】岐阜大学 講堂(岐阜市柳戸1-1)
   ※いつもとは場所が異なります

【対象】一般市民・行政職員・関係者等

【受講料】無料

【申込締切】2020年1月30日(木)

【申込方法】
?参加希望回 ?氏名(ふりがな)?住所 ?所属 ?連絡先
をご記入の上、メールまたはFAXにて下記へお申込みください。
※質問等がございましたら、お書き添え下さい。また、当日参加も可能ですが、
準備の都合上、事前申込みをお願いします。配布資料がなくなった場合はご了承
ください。

【お申込み・お問合せ先】
岐阜大学応用生物科学部附属野生動物管理学研究センター
寄附研究部門「鳥獣管理の教育と普及」
TEL / FAX 058-293-3416 (担当:森部)
E-mail:rcwm@gifu-u.ac.jp
URL:http://www1.gifu-u.ac.jp/~rcwm/
      https://www.facebook.com/gurcwm/

本本事業は「清流の国ぎふ 森林・環境基金事業」の一環として行われています。
************

-- ---------------------------- 森部絢嗣(Junji MORIBE) E-mail: junmoribe@gmail.com 岐阜大学応用生物科学部附属野生動物管理学研究センター 寄附研究部門「鳥獣管理の教育と普及」 准教授 博士(農学) http://researchmap.jp/moribej 501-1193 岐阜市柳戸1-1 TEL&FAX: 058-293-3416 携帯:090-1780-5523 -----------------------------


 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭