共同による社会デザイン 地域と協同の研究センター総会記念シンポジウム
共同による社会デザイン 地域と協同の研究センター総会記念シンポジウム

主催者: 地域と協同の研究センターhttp://www.tiiki-kyodo.net/

2019年5月25日土曜日 13:00〜16:00

生協生活文化会館

創立25周年 ・法人化20周年となる、NPO地域と協同の研究センターの総会記念シンポジウム。

新刊「協同による社会デザイン」(日本経済評論社/4月末発刊)を著した
?生協の未来のあり方研究会?のメンバーが「新しい生協像への視座」を提示する。

「誰一人とりのこさない社会(SDG s)」はどうすれば実現できるのか。
そのために、生協は、いかなる貢献ができ、どう変わらなければならないのか。

地域福祉、社会福祉、経済学、消費者政策、流通経済論、協同組合思想、各分野から論じる第一部と補論。

「東海の生協の今」を五人の実践家が、職務や経験をもとに考察する第二部。

双方はどのように交差し、新たな生協像への視座を与えるのか

シンポジウムでは、基調を受けて研究者と実践者からの論点が提示され、意見交換する。

日本協同組合学会賞を受賞した前著「未来を拓く協同の社会システム」に続く同書。
読み始める上での、絶好の機会。

新著は4月末発刊。NPO地域と協同の研究センターでも取り扱う。
可能であれば、事前に関心をもつ一つの章を読んで参加し、各報告を聴いてほしい。




 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭
6/9「長良川下流域環境観察会」参加者募集中
〜〜〜ここから引用〜〜〜
6/9「長良川下流域環境観察会」参加者募集中

2019長良川下流域 環境観察会
恒例の「長良川下流域環境観察会」を6月9日(日)に開催します。

長良川河口堰がおよぼす環境影響を観察します。船に乗り岸辺や川底を調査し、ヨシ原に入り生きもの調査をします。

下のチラシをクリックすると詳細が見られます。

▼参加費:1500円(学生500円)家族連れも大歓迎

▼集 合:9時45分、長良川河口堰 駐車場

※公共交通をご利用される方はご連絡ください。

※事前予約が必要です。

●お申込み・問い合わせ先

よみがえれ長良川実行委員会 090-1284-1298(武藤)mutohitoshi@yahoo.co.jp
〜〜〜ここまで あとはWEBでみてください〜〜〜

これからもよろしくお願いします

********************************
1959年伊勢湾台風の年に 木曽三川の河口域で産湯をつかい
木曽川の水をいただき 弥富市の田んぼの蛙 佐藤 仁志 です
https://www.facebook.com/hitoshi.sato.543
地域の防災力
http://tiikibousai.blogspot.jp/
環伊勢湾・山川里海・原体験 想いと智慧の交感ひろば
http://yamakawasatomi.blogspot.com/
見つけよう!伝えよう!広がろう!
 ☆ 人づくり ☆ なかまづくり ☆ まちづくり 
******************************** 
 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭
6/1「水道の民営化を考える」シンポジウム
長良川市民学習会の武藤さんからのお知らせです

参考まで 以下のURLから
http://dousui.org/

〜〜〜ここから引用〜〜〜
6/1「水道の民営化を考える」シンポジウム
2019年6月1日、水道民営化を考えるシンポジウム
昨年12月、水道事業の民営化を促す水道法「改正」が強行採決されました。

えっ!なんで今、水道民営化?私たちの命の水は大丈夫?

「水道の民営化を考えるシンポジウム」が
6月1日(土)pm1:30〜ぎふメディアコスモスで開催されます。
この問題に詳しい弁護士や市民運動を進める方々を全国各地から招いて考えます。ご期待ください。

〜〜〜ここまで あとはWEBでみてください〜〜〜

これからもよろしくお願いします

********************************
1959年伊勢湾台風の年に 木曽三川の河口域で産湯をつかい
木曽川の水をいただき 弥富市の田んぼの蛙 佐藤 仁志 です
https://www.facebook.com/hitoshi.sato.543
地域の防災力
http://tiikibousai.blogspot.jp/
環伊勢湾・山川里海・原体験 想いと智慧の交感ひろば
http://yamakawasatomi.blogspot.com/
見つけよう!伝えよう!広がろう!
 ☆ 人づくり ☆ なかまづくり ☆ まちづくり 
******************************** 
 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭
「次世代を担う若者へのメッセージ 養老孟司氏 講演会
名古屋昆虫同好会の間野です。
いつもお世話になっています。
名古屋昆虫同好会では、ここ数年、毎年総会時に外部の方の講演を実施しており、
今年1月には九州大学准教授でNHK子供電話相談の昆虫担当でもある
丸山宗利氏による講演を開催しました。
次年度の講演者をお願いする過程で、あの養老孟司氏が
「子どもたちのお相手ですが、時間が折り合えば、いつでも大丈夫です。」
とのことで、養老孟司さん宅にお邪魔し調整をしたところ、
5月19日(日)に単独講演会を開催することになりました。

養老孟司氏は東京大学医学部名誉教授であると同時にゾウムシ類の研究者で、
昆虫に対する情熱は81才となる今も衰えていません。
毎年海外などにも調査に行かれ、別宅には膨大な昆虫標本を収蔵されておられます。
その状況は多くの著書やマスコミ報道等でも見られるとおりです。
今回の講演では、その虫に惹かれた理由や虫屋としての人生の楽しみ方、
昆虫採集の面白さ、奥深さ、素晴らしさなどを話して頂き、
特に次世代を担う若者に対してのメッセージも頂く予定です。

著名な方ですので、申込が殺到することが予想されます。
定員になり次第〆切となりますので、よろしくお願いいたします。
特に、昆虫に興味のある若い人やそのご家族の方には、早めのお申し込みをお願いします。 

なお、この講演会は、名古屋昆虫同好会主催、
なごや生物多様性保全活動協議会共催の事業として実施します。

題目:「次世代を担う若者へのメッセージ  養老孟司氏 講演会  
    ―昆虫採集を通して培う豊かな人生―」
期日:2019年5月19日(日)15:30-17:00(開場15:00予定)
場所:ホテル ルブラ王山「葵の間」名古屋市千種区覚王山通8−18
   地下鉄東山線池下駅下車2番出口より徒歩3分
申込期日:4月10日(水)より申込開始。事前申込制で、定員になり次第〆切。
参加費:無料、どなたでも参加可能、ただ若い方には是非ご参加を!
その他:?講演会は必ず次のURLから申し込んで下さい。
https://goo.gl/forms/PSy9XARKjB4lm55i2
    ?講演後、ルブラ王山の別の会場で、養老さんを囲んでの懇親会開催
 参加費5,000円(子供2,000円、飲み放題付き) 
要事前申込、定員になり次第〆切。懇親会は必ず次のURLから申し込んで下さい。
https://goo.gl/forms/SancI9rNwshJjmxq1

 ※名古屋昆虫同好会ホームページも参考にして下さい。
   http://nagoyakondo.jp/

特に子供を含む若い方にお声かけをしていただければ幸いです。
以上です。
よろしくお願いいたします。

問い合わせ先:名古屋昆虫同好会 間野隆裕 (manotaka@muj.biglobe.ne.jp)
    



 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭
ヨットで佐久島へ!のご案内です。

ヨットで佐久島へ!のご案内です。

http://www1.m1.mediacat.ne.jp/aichisea/

予定は令和1年5月11日(土)ですが、天気によっては翌日に延期になります。

参加費は一人1,000円です。20名の募集です。

8:50 河和港集合 駐車場有り http://www.town.aichi-mihama.lg.jp/docs/2016020900020/

9:00 出発

西港到着後は、南の磯で化石採集をします。

講師は、愛知みずほ大学准教授、川瀬基弘先生です。

昨年は、ウニやヒトデ、巻き貝、二枚貝の化石がたくさん見つかっています。

12:30頃 西港に戻り、弁天サロンでお弁当を食べます。

http://sakushima.com/guide/benten_saron.php

お弁当代が、参加費1,000円に充当します。

その後、佐久島の自由散策

14:30頃 西港から河和港へ出発

16:00頃 河和港へ帰港 解散

河和港〜佐久島 では、必ずとは言えませんが、毎年スナメリに出会えています。

申込みは、a-ohya@sc.starcat.ne.jp までお願いします。

皆様の参加をお待ちしております。 大矢美紀@「あいちの海」グリーンマップ

 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭