第3回みはま はっけん 味覚 まらにっく「時志編」のご案内
愛知県 美浜町の季の野の台所 森川です。

仲間と主催している
第3回みはま はっけん 味覚 まらにっく「時志編」のご案内です。
https://www.otokitilove.com/

愛知県美浜町でマラニック(マラソン+ピクニック)を開催!
自然豊かで、人も食べ物も魅力的な美浜町。 エイドで地元の味覚を味わいながら秋の風吹く
田園、里山のオレンジライン周辺から、第3回目を迎える今年はご要望の多かった「海の見えるコース」も巡ります。
 是非心と体癒される美浜町の魅力を発見しに来てください!


【 期日 】
令和元年11月24日(日)
10:00〜13:30 雨天決行 
【受付時間】午前8時30分〜 

【会場】美浜町立布土小学校 〒470-2401 愛知県知多郡美浜町布土字半月101番地  

【コース】会場の布土小学校をスタート・ゴールとした約8キロ 

【参加資格】
健康に自信があり、起伏のある約8kmのコースをエイドの立ち寄りを含んで2時間以内で完走できる方。
 小学生の参加は、18歳以上の方が同伴での参加とする。 

【制限時間】
スタートから2時間
   
【参加料】
A:一般(中学生以上)  3,000円
B:一般(18歳以上)+小学生1人  5,000円
C:一般(18歳以上)+小学生2人  6,500円
  ※一般参加者については 「美浜のお土産」付

 【定員】300名 
【申込期間】令和元年6月21日(金)〜10月24日(木)

計測
手動計測 (QRコードを利用し、後日公式HPで公開する。)  

主催者
音吉を愛する走る仲間の会 
公式HP 
https://www.otokitilove.com/  

主催者連絡先
音吉を愛する走る仲間の会(担当:みはま はっけん 味覚 まらにっく事務局)
runfriends@otokitilove.com 、 0569-82-1931 
〒470-2401 愛知県知多郡美浜町布土字豆池23  




☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

季の野の台所 森川美保
470-2401
愛知県知多郡美浜町布土字豆池23
Tel/Fax(0569)82-1931

★ホームページ
http://kokokonohatake.p1.bindsite.jp/

★ブログ『季節の野原で葉っぱの音を・・』
http://blog.goo.ne.jp/kisetunonohara

★フェイスブック
https://www.facebook.com/kinononodaidokoro.nougakutai?ref=br_rs

☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭
アラスカ先住民クリンギッド族長老、墓守、ストーリーテラーのボブサムさんがまた来日
鶴田(紀)です(重複されましたら、ごめんなさい)

あまり梅雨の実感が起こらない日々、夏の水不足が心配になります。
イベント案内ばかりでごめんなさい。

映画ガイアシンフォニー3番に登場され、多くの人の心を震わせたボブ・サムさんのこの言葉、
 「Don''t be afraid to talk about sprit. 魂を語る事を恐るるなかれ」

アラスカ先住民クリンギッド族長老、墓守、ストーリーテラーのボブサムさんがまた来日されます。

東日本大震災後、奈良裕之さんと一緒に全国を廻られた「ともしびの巡礼」がDVDになりました。
映画の上映、ボブさんの神話語りと奈良裕之さんの演奏の集いがあります。
夏の昼下がり、ゆっくりと遙かなる世界に身をゆだねてみませんか。

2019年7月14日(日) 
○PM14:30~映画上映「ともしびの巡礼~ワタリガラスの神話と祈りの音」
    予約1500円(当日2000円)学生1000円/ 小学生以下無料

○2部PM16:00~ 「神話語りと音魂演奏」奈良裕之&ボブサム 
   「天鹿・渡鴉(ししかみ・ワタリガラス)巡礼」奈良裕之(音魂)*ボブ・サム(語り) 
    予約5000円(当日6000円) 学生2500円 小学生以下無料   
 *1,2部通しで参加の場合
   予約6000円(当日7000円) 学生3000円 小学生以下無料

 *終了後 人気の 奈良カレー 1000円(要予約)

○定員 50名
○会場:平田寺 (?0568-48-6806 北名古屋市 九之坪宮前6 ) 
  名鉄犬山線「西春」駅より徒歩8分 (名古屋駅より約20分)
 
【詳細】: http://www.eco-branch.jp/event/pg1658.html

■ ご予約・お問い合わせ
株式会社鶴田商会環境事業部エコ・ブランチ 鶴田紀子
メール: noriko@eco-branch.com 
TEL:052-503-1002 / FAX:052-509-1683
【共催】平田寺/Eco-Branch

◎奈良さんのメッセージです・・・

ボブがまた日本へ来る。その中に、何か見えない計らいが見え隠れする
ボブが常に日本に想いを寄せてくれていること 
日本にもたくさんのボブのファンの方々がいること
それだけではない何かがあるような気がしてなりません

ボブたちの祖先は古代の日本から海を渡っていったと言われている
古代の先日達の知恵と教えをボブの部族は守り続けてきました
日本で、すでに忘れ去られた教え 
古代日本の魂・心・精神 そして精霊達
物語は生きている ボブの語る物語は 魂が宿っている。

多くの日本人が、ボブの語りを体験する時  深く心に響く何かが生まれる
日本人が忘れてしまった何かが目覚めてゆく。。。
そして、おひとりおひとりの物語となってゆくことでしょう。   奈良裕之


?鶴田商会 Eco-Branch
ーーーーーーーーーー 
   鶴田 紀子
 noriko@eco-branch.com
  ?(052)503-1002
 エコ・ブランチへようこそ
 http://www.eco-branch.jp
 らいふすたいる研究所
 http://www.eco-branch.jp/Life/index.html
 Facebookページ
 https://www.facebook.com/pages/Eco-Branch/250846668323002
 ーーーーーーーーーー



 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭
・NPO法の立法過程、改正の過程に市民が果たした役割について

関係各位(転載・転送歓迎)

いつもお世話になっています。東大手の会の青木です。標記の企画についてご案内させていただきます。ご参加をお待ちしております。

↓以下、ご案内になります

NPO法の成立から20年が経ち、NPOの存在は社会に定着しましたが、一方で財源不足や担い手の育成などに多くの課題を抱えている現状があります。これから、NPOが市民社会の中で果たすべき役割は何なのか。NPO法の制定・改正過程についてふりかえり、その今日的社会価値をあらためて検討することを通じて考えます。

○主な話題

・NPO法の立法過程、改正の過程に市民が果たした役割について

・NPO法の社会的意義

・NPO法立法過程記録の編纂・公開プロジェクトの成果

・立法過程のアーカイブを今後のアドボカシーにどう活かすか など

○開催概要

【日 時】2019年8月9日(金)18時30分〜20時45分

【会 場】名古屋市市民活動推進センター(名古屋市中区栄三丁目18番1号 ナディアパークデザインセンタービル6階)

【参加費】2,000円 【定 員】40名

【参加対象】NPO役職員・ボランティア、行政NPO担当者、NPO支援に関わる専門家、NPO研究者、プロボノ希望者、地方自治体議員、社会のあり方について考えたい市民など

【ゲスト】原田峻さん(金城学院大学人間科学部講師)

1984年埼玉県生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程満期退学、博士(社会学)。立教大学助教を経て、2018年より現職。専門はNPO論、社会運動論、地域社会学。論文に「NPO法制定過程における立法運動の組織間連携」(『ノンプロフィット・レビュー』17(2))、「NPO優遇税制をめぐる立法運動のロビイング戦術」(『年報社会学論集』29)、など。2011〜2014年にNPO法人まちぽっと「NPO法制度の制定過程の記録保存と編纂」事業の調査スタッフを務めた。

【進 行】青木研輔(東大手の会・代表世話人)

★参加申し込みフォームからお申込みください★

https://forms.gle/Ft6TU5wKTxGopwu78

↓参加申し込みフォームの利用が難しい方は、下記内容を、FAX または Email で連絡ください

●お名前:

●ご所属(ある方のみ):

●電話番号:

●E-Mail:

●参加動機・講師への質問:

●懇親会:参加・不参加

<申込先>

東大手の会

FAX 052-414-4684

Email higashiote@gmail.com

【主 催】東大手の会

↓チラシは、こちらからダウンロードしてください

http://blog.canpan.info/higashiote/archive/309

--------------------------------------------------------------------

青木 研輔

携帯:090-6618-0369

E-Mail:aoki0104@hotmail.com

--------------------------------------------------------------------

 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭
東海ろうきん愛未来応援寄付金

関係者各位

いつもお世話になっています。ボランタリーネイバーズの三島です。

以下、愛知県内の市民活動への資金支援に関わる情報提供です。

東海労働金庫の社会貢献商品に拠る寄付金を活用して

愛知県内の市民活動を応援します。

★費目の制限がない ★応募書類がシンプル・・・が特徴。

未来につながる皆さんの活動のご応募をお待ちしています!

●---------------------------------------------------------------●

東海ろうきん愛未来応援寄付金

<子どもの健全育成><就労支援>を応援

●----------------------------------------------------------------●

●寄付金額 1件あたり上限15万円。2テーマで計4件。

●募集期間 2019年6月10日(月)〜7月4日(木)17時必着

●応募要項&応募書類は、下記からダウンロードしてください。

http://www.vns.or.jp/

E-mailによる送付を標準とします。詳細は応募要項をご参照。

宛先:roukin@vns.or.jp

●--- 2つのテーマに関わる多様な取り組みが対象 ---●

<子どもの健全育成(例)>

・・・外国籍の子どもの支援、障がいを持つ子どもの活動

地域ぐるみの子育て支援、子ども対象の環境教育など

<就労支援(例)>

・・・病気を抱える人の就労継続、介護と仕事の両立支援

就労に困る人の支援、職場のLGBTの理解促進など

<対象となる期間> 2019年8月8日〜2020年1月31日

●対象団体

愛知県内に事務所を置き、県内で主に活動する市民活動団体

(その他の条件は応募要項をご覧ください)

●応募書類

【様式1】申請者の情報 【様式2】申請対象活動の情報

【添付書類】A:定款または規約 B:直近年度の事業報告・会計書類

●選考方法

第1次選考は応募書類による書類審査です。選考に通った団体は

8月1日(木)午後に、東海労金本店(名古屋市)で行うヒアリング

審査にお越しいただきます。 8月上旬に最終結果を通知。

問合せ:ボランタリーネイバーズ(担当/三島・遠山)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

特定非営利活動法人ボランタリーネイバーズ

〒 461-0005 名古屋市東区東桜2-18-3-702

TEL  052-979-6446(電話受付 平日10時〜18時)

Email:vns@vns.or.jp  URL: http://www.vns.or.jp/

事務局ブログ:http://blog.canpan.info/vns/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭
専門家からリクツを学び、実務経験者からコツを習う「NPO/NGOバックオフィススペシャリスト養成研修(名古屋)」

関係各位(転送・転載歓迎)

いつもお世話になっています。東大手の会の青木です。

すでに一度ご案内させていただいていますが、NPO/NGOバックオフィススペシャリスト養成研修(名古屋)について再度お知らさせていただきます。各回とも定員まで余裕がある状況です。ぜひ、ご参加ください。

↓以下、ご案内になります

■専門家からリクツを学び、実務経験者からコツを習う「NPO/NGOバックオフィススペシャリスト養成研修(名古屋)」

会計・給与計算・法人運営実務等バックオフィスの側からNPO/NGOを支える人材を育成します。

○NPO/NGOバックオフィススペシャリスト養成研修(名古屋)プログラム

1講(NPOの運営とバックオフィスの役割)

【日 時】7/2(火)9:30〜12:00

【会 場】ウィルあいち・セミナールーム5(名古屋市東区上堅杉町1)

【講 師】和喜田恵介氏(中部リサイクル運動市民の会・副代表理事)、森建輔氏(バックオフィス業務オーガナイザー)

2講(NPO法と法人運営実務)

【日 時】7/2(火)13:15〜16:45

【会 場】ウィルあいち・セミナールーム5(名古屋市東区上堅杉町1)

【講 師】矢内淳氏(弁護士)

3講(NPO法人の会計・税務)

【日 時】7/10(水)9:30〜12:00

【会 場】ウィルあいち・会議室6(名古屋市東区上堅杉町1)

【講 師】黒田朱里氏(公認会計士・税理士)、森建輔氏(バックオフィス業務オーガナイザー)

4講(給与計算、労務)

【日 時】7/10(水)13:15〜16:45

【会 場】ウィルあいち・会議室6(名古屋市東区上堅杉町1)

【講 師】高木登茂子氏(社会保険労務士)、森建輔氏(バックオフィス業務オーガナイザー)

【定 員】30名 【参加費】3,000円(各講)

【参加対象】NPO/NGO団体のバックオフィス業務に携わっている方や携わることを希望する方

※4回の研修を全て受講してください。参加できないプログラムがある方はご相談ください

※一般の方の聴講生としての受講も可能です。(単発可)

<NPO/NGOバックオフィススペシャリストとは>

会計・給与計算・法人運営事務等、NPO/NGOのバックオフィス業務を担う人材。NPO/NGOの活動を理解し、現場の状況に寄り添い、団体の特性に合わせたバックオフィス業務に取り組む。

○NPO/NGOの現場でのOJT研修

実務経験者の伴走のもと、実際にNPO/NGOのバックオフィス業務を担当します。

【期 間】2019年9月〜2020年5月

【定 員】5名

※実務経験者の伴走のもと、実際にNPO/NGOのバックオフィス業務を担当します。OJT研修生の受け入れにあたっては選考を行います。

○講師紹介

【基礎講座講師】

・和喜田恵介さん(認定NPO法人中部リサイクル運動市民の会・副代表理事)

1999年に中部リサイクル運動市民の会のスタッフとなり、環境情報誌「E's(イーズ)」の編集、フリーマーケットの運営などに携わる。2003年から科学技術振興事業団の技術員として市民参加型合意形成手法の研究に参加。2005年に復職し、自治体の廃棄物処理計画策定業務などに携わる。2007年6月より共同代表、2013年6月より副代表理事。現在はリユース・リサイクル事業、ボランティアマネジメント、企業とのパートナーシップ事業、発展途上国の人材育成事業等に携わる。

・矢内淳さん(弁護士・社会福祉士)

大学生のときに環境ボランティアに携わったのが市民活動との接点。2005年、公設民営のNPO支援センターに就職し、NPOスタッフになる。その後、福祉分野のNPOに移り、高齢者・障がい者への身元引受や成年後見の業務、人材養成研修、法人運営を担当した。NPO法人市民活動支援機構ぼらんぽ(2009年設立、2015年解散)の代表理事として、NPOや支援センターのスタッフ向け研修会等の企画運営に携わった。2010年社会福祉士登録、2018年弁護士登録(愛知県弁護士会)。

・黒田朱里氏(公認会計士・税理士)

大手監査法人および大手監査法人系コンサルティング会社に勤務の後、現職に至る。大手監査法人および大手監査法人系コンサルティング会社時代は、一般事業会社の法定監査業務・上場準備業務の経験を経たのち、主に公会計部にて、学校法人監査・国立大学法人監査・独立行政法人監査・医療法人監査・地方公共団体包括外部監査、および企業会計方式の会計制度導入に関するコンサルティング業務等に従事。現在は、黒田公認会計士事務所にて日本を支える中小企業の税務等を担当の傍ら、NPO会計アドバイザーなどを務める。

・?木登茂子氏(社会保険労務士)

1966年名古屋市西区出身。52歳。2014年に27年間務めた丸川製菓株式会社を退職して独立。2014年から1年間、名古屋東労働基準監督署 労働相談員として勤務。現在は中小企業の経営を労務の側面から支援するため、労務相談、就業規則作成、助成金申請、昇給制度・人事評価制度の作成、社会保険手続き代行、給与計算などを行う。

【実務講座講師】

・森建輔氏(バックオフィス業務オーガナイザー)

信用金庫勤務を経て、NPO・社会起業の世界へ。当初は起業家を志すも、自分には「一生をかけて取り組みたいと思うテーマがない…!」と気づく。一方で経理などの事務仕事は苦にならず、整理整頓・業務効率化などには「妙に燃える自分」にも気づく。2012年頃よりNPO等の経理支援を開始し、現在は複数事業所で経理・会計・給与計算・各種庶務の処理支援・処理代行、会員・顧客管理の仕組づくり等を行っている。実際の現場で確実に業務が回るための帳票・ツールのカスタマイズを得意とする。

<バックオフィスファームプロジェクトとは>

NPO/NGOにおいて、会計・給与計算・法人運営事務等のバックオフィス業務を担う「バックオフィススペシャリスト」を育成し、バックオフィス業務の担い手が不足するNPO/NGO団体につなげるプロジェクト。税理士・社労士等の専門家からスーパーバイズを受けつつ、他のスペシャリストとも相互支援しながら、複数の団体のバックオフィスを担う人材を継続的に育成し、東海地域のNPO/NGOのバックオフィスを支える「バックオフィスファーム」の形成を目指しています。

★参加申し込みフォームからお申込みください★

https://forms.gle/13gpdWohh4FCmYfSA

↓参加申し込みフォームの利用が難しい方は、下記内容を、FAX または Email で連絡ください

≪NPO/NGOバックオフィススペシャリスト養成研修 申込書≫

●お名前:

●ご所属(ある方のみ):

●E-Mail:

●受講する回をお知らせください:

・7/2 1講

・7/2 2講

・7/10 3講

・7/10 4講

●当てはまるものをお知らせください:

・バックオフィススペシャリストを目指し、OJT研修も希望する

・バックオフィススペシャリストに関心があるが、OJT研修への参加は受講してから検討したい

・聴講生として受講する

<申込先>

東大手の会

FAX 052-414-4684

Email higashiote@gmail.com

↓チラシは、こちらからダウンロードしてください

http://blog.canpan.info/higashiote/archive/303

【主催】東大手の会

※東大手の会は、東海地域のNPO/NGOなどの民間非営利組織で職員として働く若手スタッフを中心に、2005年11月に結成しました。所属団体内では、悩みを共有できる同世代がいない、研修機会を持つことが難しい等の課題を抱えたスタッフが、団体を離れて自ら相互学習型ネットワークを形成し、現場で今困っているテーマを学習したり、同じ環境にいるスタッフ同士で交流する機会を提供しています。

--------------------------------------------------------------------

青木 研輔

携帯:090-6618-0369

E-Mail:aoki0104@hotmail.com

--------------------------------------------------------------------

 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭