第2回 安定的にツキノワグマがいる地域の現状と課題
みなさま

岐阜大学の森部です。
連続講座「野生動物を知る」第2回目を開催します。

多数のご参加をお待ちしております。

*********************
野生動物管理学研究センター
連続講座 「野生動物を知る」

第2回 安定的にツキノワグマがいる地域の現状と課題

【講師】宇野壮春 氏
    ((同)東北野生動物保護管理センター代表社員)

【日時】 2019年7月6日(土) 13:00 〜 15:00

【場所】 岐阜大学応用生物科学部101多目的ホール
  (岐阜市柳戸1-1)

【対象】 一般市民 行政職員 関係者等

【受 講 料】 無 料

【申込締切】 7月4日(木)

【申込方法】
 ?氏名(ふりがな) ?住所 ?所属 ?連絡先
をご記入の上、メールまたはFAXにて下記へお申込みください。
また、質問等がございましたらお書き添えください。参考にさせていただきます。
※当日参加も可能ですが、配布資料がなくなった場合はご了承ください

※著作権等の問題が生じる恐れがありますので、会場内では許可なくカメラ・ビデオ
等の撮影をしないよう、ご協力お願い致します。

【お申込・お問合せ先】
岐阜大学応用生物科学部附属野生動物管理学研究センター
寄附研究部門「鳥獣管理の教育と普及」
TEL/FAX: 058-293-3416 (担当:國永)
E-mail: rcwm@gifu-u.ac.jp
URL: http://www1.gifu-u.ac.jp/~rcwm/

主催 岐阜大学応用生物科学部附属野生動物管理学研究センター
共催 岐阜大学応用生物科学部
岐阜県域農林業教育システム連携協力会議

本事業は「清流の国ぎふ 森林・環境基金事業」の一環として行われています。

*********************

-- ---------------------------- 森部絢嗣(Junji MORIBE) E-mail: junmoribe@gmail.com 岐阜大学応用生物科学部附属野生動物管理学研究センター 寄附研究部門「鳥獣管理の教育と普及」 准教授 博士(農学) http://researchmap.jp/moribej 501-1193 岐阜市柳戸1-1 TEL&FAX: 058-293-3416 携帯:090-1780-5523 ------------------------------

 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭
「今さら聞けない年度更新・算定基礎届の書き方」

関係各位(転送・転載歓迎)

いつもお世話になっています。東大手の会の青木です。標記の企画についてご案内させていただきます。ぜひ、ご参加ください。

■NPO・NGOバックオフィス実務スキル学習会「今さら聞けない年度更新・算定基礎届の書き方」

決算が終わってホッとしたのも束の間! 労働局からは労働保険の年度更新、年金事務所からは算定基礎届、専門用語がいっぱい並ぶ書類が届く時期です。これらの書類を「なんとなくやっつけ」で処理していませんか?

毎年「自信ないけど これで まあ いっか?!」で済ませていたあなた、この学習会で「ちゃんとした書き方」を学びましょう。

【日 時】2019年6月15日(土)14時〜16時

【会 場】地域資源長屋なかむら1階 共同会議室(名古屋市中村区本陣通5丁目6-1)

【講 師】高木登茂子さん(社会保険労務士)

【コーディネーター】森建輔さん(バックオフィス業務オーガナイザー)

【参加費】1,000 円

【定 員】10 名

【参加対象】NPO 法人などの社会的企業の会計・労務に携わる個人や担当者

※独立行政法人環境保全再生機構 地球環境基金の助成を受けて実施しています。

【申 込】下記内容を、FAX または Email で連絡ください

    所属団体/氏名/電話番号/Email

【申込先】東大手の会

FAX:052-414-4684

Email:higashiote@gmail.com

【主 催】東大手の会

https://www.facebook.com/higashiote

※東海地域のNPO/NGOを中心とした民間非営利組織のスタッフ・役員で作るネットワークとして、研修・交流機会の提供、調査研究等に取り組んでいます。

↓チラシはこちらからダウンロードしていただけます

http://blog.canpan.info/higashiote/archive/298

 

 ホーム  | お知らせ | 戻る | ページの先頭
NPO納涼会2019 〜セクター横断異業種交流会〜

関係各位(転送・転載歓迎)

いつもお世話になっています。東大手の会の青木です。標記の交流企画についてご案内させていただきます。ぜひ、ご参加ください。

例年、NPO、行政、企業、大学、地方議会などから100名以上の皆さんにご参加いただいている納涼飲み会企画です。NPO関係者だけでなくセクターを超えてご参加いただきたいと思います。ぜひ、積極的にご関係の皆様にご案内いただくようお願いいたします。

↓以下、ご案内になります

■NPO納涼会2019 〜セクター横断異業種交流会〜

NPO関係者同士は、もちろん、NPOと企業や行政など他の業界で活躍する皆さんとの親睦を深める納涼飲み会です。どなたでも、参加していただけます。楽しい時間を共有し、親交を深めましょう!

【日時】2019年8年30日(金)19:00〜21:00 ※18:45開場

【参加費】4,000円(飲み放題付、料理全8品)

【参加対象】誰でもご参加いただけます

【定員】150名

【会場】神戸館 錦通店

※会場の様子 http://www.kobekangroup.com/shop/resturangel/

【住所】名古屋市中区錦1-13-36 3F

【会場TEL】052-218-8817

【アクセス】地下鉄伏見駅9番出口から徒歩5分

【アピールタイム】活動紹介、イベントの案内などを参加者の前でPRできるアピールタイムを設けます。

【主催】東大手の会

○チラシ類の配布について ぜひ、パンフレットやチラシをお持ちよりください。スペースの都合上、配架する場所は設けませんが、会場内で自由に参加者に配布していただけます。

<申込・お問い合わせ>

東大手の会 (青木)

TEL 090-6618-0369

FAX 052-414-4684

Email higashiote@gmail.com

★参加申し込みフォームからお申込みください★

https://forms.gle/6CG5zYskjazPK29U9

↓参加申し込みフォームの利用が難しい方は、下記内容を、FAX または Email で連絡ください

============================================

NPO納涼会2019

- 参加申込書 -

============================================

NPO納涼会に申し込みます。

【お名前】

【ご所属】

【電話】

【メール】

【メッセージ欄】

※遅刻される等、事前に伝えたいことがあればご記入ください

※お名前とご所属(ある場合)を当日配布の参加者名簿と名札に記載してもよろしいですか? 可( )否( )

※上記の必要事項を記入し8月23日(金)までに、御出欠の返信をお願いいたします。

○東大手の会について

https://www.facebook.com/higashiote

※東海地域のNPO/NGOを中心とした民間非営利組織のスタッフ・役員で作るネットワークとして、NPO向けに研修・交流機会を提供。近年は、NPOに関する調査研究にも取り組んでいます

↓チラシはこちらからダウンロードしていただけます

http://blog.canpan.info/higashiote/archive/300

--------------------------------------------------------------------

青木 研輔

携帯:090-6618-0369

E-Mail:aoki0104@hotmail.com

--------------------------------------------------------------------

 

 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭
海の森づくりin四日市港〜アマモプロジェクト
みなさんは、アマモという海草をご存知ですか?
アマモは、小さな魚やカニ、イカなどの棲み家や隠れ場所、あるいはエサ場になったり・産卵スポットになったり・水質を良くしたり・二酸化炭素
を吸収して酸素を出すなど、
海の生きものの生活を支えるたくさんの役割を持っています。
当館で1月に行ったアマモの学習会では、
その生態や四日市港管理組合で行われている再生の取り組みを学びました。
(https://www.facebook.com/ecoyokkaichi/posts/2422978641063407?__tn__=-R)

今年は四日市港120周年記念ということで、
「海の森づくりin四日市港〜アマモプロジェクト」を実施します。
四日市港管理組合とそして、みなさんと一緒に四日市にこのアマモを増やして、生きものが棲みやすい豊かな海にする「海の森づくり」を行いま
す。

第1回は、鳥羽へバスで移動し、鳥羽の海に自生するアマモのタネの採取と、アマモ場にどんな生き物が棲んでいるのか、探して観察もしてみま
す。
第2回は、タネまきと苗作りに挑戦してもらいます。
ぜひ一緒に「海の森作り」を体験してみましょう!

第1回「タネとりと海の森の生き物観察」
【日時】6月16日(日) 8時30分〜17時00分
【海の博物館入館料】大人720円 大学生以下320円
【行先】鳥羽市立海の博物館(市民広場で集合しバスで移動します)
【講師】鳥羽市立海の博物館館長 平賀 大蔵 氏、三重県保健環境研究所   国分 秀樹 氏

第2回「タネまきと苗作り」
【日時】11月10日(日) 9時30分〜12時00分
【参加費】無料
【場所】四日市港

【対象】小学4年生以上(中学生以下は保護者同伴) 
※応募者多数の場合は2回とも参加の方を優先し抽選。当選者のみ郵送で連絡を致します
【定員】40名
【申込締切】6月2日(日)
【申し込み方法】「アマモ」係と明記の上
?お名前  ?年齢(学生は学校名と学年)  ?住所  ?電話番号 ?参加希望日 を記載し、
メール / FAX / 郵送 / 当館1F図書カウンターのいずれかでお申し込みください。
※個人情報は、当事業以外には使用いたしません。
【申し込み先】四日市公害と環境未来館
〒510−0075  三重県四日市市安島1丁目3番16号
(TEL)059−354−8430 (FAX)059−354−8431
(E-mail)info@eco-yokkaichi.com
(チラシ直通)http://www.city.yokkaichi.mie.jp/yokkaichikougai-kankyoumiraikan/pdf/20190616amamo.pdf

〜〜〜ここまで あとはWEBでみてください〜〜〜

これからもよろしくお願いします

********************************
1959年伊勢湾台風の年に 木曽三川の河口域で産湯をつかい
木曽川の水をいただき 弥富市の田んぼの蛙 佐藤 仁志 です
https://www.facebook.com/hitoshi.sato.543
地域の防災力
http://tiikibousai.blogspot.jp/
環伊勢湾・山川里海・原体験 想いと智慧の交感ひろば
http://yamakawasatomi.blogspot.com/
見つけよう!伝えよう!広がろう!
 ☆ 人づくり ☆ なかまづくり ☆ まちづくり 
********************************
 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭
【地域で育む子どもの未来in大垣】
【地域で育む子どもの未来in大垣】
〔日時〕6月2日(日)10〜16時
〔場所〕大垣市総合福祉会館
〔参加費〕無料
〔主催〕地域で育む子どもの未来in大垣実行委員会(あしたの支援室ほか)
〔共催〕(一社)ぎふ学習支援ネットワーク、(一社)よりそいネットワークぎふ
〔後援〕(申請中)岐阜県、大垣市、(社福)岐阜県社会福祉協議会、(社福)大垣市社会福祉協議会、(特非)ぎふNPOセンター、(特非)ぎふ
ハチドリ基金
〔申し込み〕★申し込みは以下よりお願いします★
https://docs.google.com/forms/d/1sy8w_I_Lcu7D4ZL67MEKBYdmPkoGR_tatpOxI3p2nZE/edit

〔内容〕
10:00-12:30 全体会
●大垣市長あいさつ(予定)
●基調報告ー野崎伸一(厚生労働省社会援護局)
「未来を担う子どもを支える地域共生社会へ」(仮)
●シンポジウム「地域で育む子どもの未来」
ー岐阜県子ども家庭課担当者(打診中)
ー大垣市社会福祉課担当者
ー伊藤桂子(あしたの支援室)
13:30-15:30 分科会
?学習支援ーはじめる、続ける、つなぐ
?子ども食堂のこれから
?子どもを支える人びと
?立場の違いを超えた協同に向けて
?家庭を地域にひらく
?フリートーク(喫茶コーナーにて自由交流)
15:30−16:00 振り返り会
〔趣旨〕
貧困や虐待、不登校・非行・いじめなどなど、子どもをとりまく「生きづらさ」は、さまざまな形で広がってしまっている現状があります。
そんな実情に対し、地域での活動や学校・福祉現場での奮闘、新たな制度枠組みなど、多様なかたちで支援の動きも進みつつありますが、まだまだ
現実の展開には追いついていないもどかしさもあります。

他方で、「炭鉱のカナリア」とも言われたりすることもありますが、子どもたちの生きづらさは、社会全体の生きづらさの象徴でもあります。
そしてまた、子どもたちの未来は、社会全体の未来でもあります。そこには各人多様な思い入れがあるかと思いますが、少なくとも、子ども一人ひ
とりが、ささやかながらも希望を持って生きられる社会にしていかなければなりません。

その課題に対し、私たちがなし得ることは何か。教育・福祉・行政・市民それぞれの立場がありますが、それらすべてが重なり合ってこそ、「子ど
もの育ちを支える地域」となります。

そんな地域づくりにむけて、今私たちができることを一緒に考えてみる。そんな場をつくっていきたいと思います。

〜〜〜ここまで あとはWEBでみてください〜〜〜

これからもよろしくお願いします

********************************
1959年伊勢湾台風の年に 木曽三川の河口域で産湯をつかい
木曽川の水をいただき 弥富市の田んぼの蛙 佐藤 仁志 です
https://www.facebook.com/hitoshi.sato.543
地域の防災力
http://tiikibousai.blogspot.jp/
環伊勢湾・山川里海・原体験 想いと智慧の交感ひろば
http://yamakawasatomi.blogspot.com/
見つけよう!伝えよう!広がろう!
 ☆ 人づくり ☆ なかまづくり ☆ まちづくり 
********************************
 ホーム  | - | 戻る | ページの先頭